[女性誌速攻レビュー]「JELLY」8月号

無敵の加藤ミリヤも「JELLY」には居場所なし! 独自の魅力を放つモデル天下

jelly-201010.jpg
「JELLY」(ぶんか社)2010年10月号

 SHIBUYA109系おネエギャル誌「JELLY」(ぶんか社)10月号。雑誌の人気を支えるジェリガ(「JELLY」専属モデル)のでも”和製パリス・ヒルトン”こと山本優希が最近、本格的なタレント活動を開始したことは前回お伝えした通り。筆者はジェリガ・ウォッチャーとして、約1カ月間、母のような気持ちで山本優希の出演番組をチェックしておりました。

 生放送の『サンデージャポン』(TBS系)では、「大阪2児放置死事件」について「この一件でギャルのイメージが悪くなる」とヘラヘラとコメントしてしまい「不謹慎だ!」とネットで叩かれてしまったほか、元祖セレブモデルのマリエと共演を果たした『限定品コラボネーゼII』(フジテレビ系)では自宅の巨大噴水を公開し、マリエに「うち、あれ無い!」と言わせ視聴者をヒヤヒヤさせたり……。そんな初々しさも魅力なので、変に芸能界慣れせずにそのまま突き進んで欲しいものです(無理でしょうけど)。さて、今月の中身はこちら。

<トピック>
◎加藤ミリヤ これが私の秋スタイル
◎秋HITスタイル最速ナビ
◎オンナ度アゲる(はぁと)ランジェリー
◎twitter完全ガイドなう

■ミリヤも浮いちゃう「JELLY」の世界観

 今月は、女子から絶大な支持を獲得し、”ミリヤー現象”をどこかで起こしているらしい加藤ミリヤが表紙に降臨。先月号で表紙の南明奈についても同様の感想でしたが、「JELLY」ってタレントが投入されるとどうしても異物感が……。ジェリガ達がしっかりと雑誌の世界観を構築しているせいなのかもしれませんが、これほどまでに芸能人が浮いてしまう雑誌も珍しいのではないでしょうか?

 それはさて置き、誌面では加藤ミリヤ(以下、カトちゃん)にファッションのこだわりをインタビュー。それによると、カトちゃんは好きな人にファッションを合わせてもらうタイプなのだそうです。カトちゃんの彼氏になると、カトちゃんテイスト一色に染めてもらえるってことだわね! そんな「同じコーディネートは二度しない」というこだわり屋さんのカトちゃんがデザインを手掛けるブランド「KAWI JAMELE(カウィジャミール)」が、この夏、新宿・原宿・心斎橋に店舗をオープンするんですって! 本当にミリヤ―がこの世に存在するのか、偵察に行ってみては?

■ランジェリー特集がエロエロ!

 ファッショページは、ニットやロングブーツなど他誌同様にすっかり秋冬。秋のトレンドである黒やミリタリーといった地味目アイテムを、ロケーションやメイク、レイアウトを工夫して飽きさせないように見せています。このバランス感覚は、毎度の事ながら流石です。

 そんなひたすら続く秋コーデの中、思わず凝視してしまう特集が「オンナ度をアゲる(はぁと)ランジェリー」。ジェリガ達が下着姿になりまくり、とにかくエロい! 「an・an」(マガジンハウス)の佐々木希の下着姿なんてジェリガ的には洋服みたいなもんです。ランジェリー界のトレンドは”ロリエロ”とのことで、ショーツの面積はかなり小さめ(はみ出ちゃう!)。また、「オンナ度アゲ(はぁと)なランジェリー・ルール」として、「カレが来る日の見せ下着コーデをマスターする」「カワイイランジェリーケースに仕舞う」「ランジェリーブランドのコスメラインを使う」などを紹介しています。

 ここまで大胆な下着特集を組んでも、セックスを連想させないお上品なセンスに好感!ランジェリーブランドの広告も絡んでいるため少々カタログライクではありますが、変わりばえのないセックス特集で部数稼ぎしている某女性誌に「これもアリなんだ」と言わしめたい内容です。

■ギャルがtwitterを侵食!?

 読み物特集「twitter完全ガイドなう」では、初心者向けのハウ・トゥを掲載。ブログやSNSに比べて有効な使い方が難しいtwitterなだけに、「なに”RT”って。分かんな過ぎて超ウケるー」ってなってる読者の姿が目に浮かびます。

 また特集内の「JELLY的おすすめユーザーリスト」には、ジェリガや編集部員のユーザー名がズラリ。早速、「JELLY」編集部員のツイートをチェックしてみると、例の如く「とにかく風呂入りたい」「みんな会社泊して校了」といった悲痛の叫びが。ちなみに、ジェリガは @yamamoto_yuuki と @miyagi_mai の2名がツイートしていらっしゃいますので、要チェケラッチョー!

 「JELLY」では珍しく細かい読み物特集が組まれていたり、秋冬スタイルに様変わりしたりと、とても楽しめた10月号。全くの余談ですが、巻末の広告郡の中でいつも気になってしまうのが、携帯用恋愛シミュレーションゲーム「ルームシェア 素顔の彼」をノリノリでPRするタレントの加藤夏希。お見合いパーティーセッティング会社「エクシオ」しかり、一流タレントが引き受けなさそうな広告に、なぜ彼女は出がちなのでしょうか。メジャーな芸能人なだけに、仕事の選び方が謎です。さて、次号予告ページによると、「次号、JELLYから重大発表が!」とのこと。ほぼ3~4人のジェリガでページを回している「JELLY」だけに、「モデルが増えるのでは?」と踏んでますが、真相はいかに。
(林タモツ)

『JELLY (ジェリー) 2010年 10月号 [雑誌]』

落ち着いてミリヤの顔を見て。ホントになりたい?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ファッションと乳首にストイック過ぎる!? 「JELLY」8月号
分かりやすいのが魅力! カタログ誌面強化中の「JELLY」7月号
4月発売号にしてビキニ特集! 抜群の安定感を誇る「JELLY」の魅力は?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク