大ヒットは見込めるのか!?

あのCMにあやかりたい……『ALWAYS』3作目の製作が決定!?

koyuki01.jpg
当たり役を掴んでよかったね

 2005年に公開され、日本アカデミー賞でも最優秀作品賞や最優秀監督賞など総なめにした、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』。200万人もの観客を動員し、興行収入32億円を稼いだ大ヒット映画だ。2年後には『続・ALWAYS 三丁目の夕日』が公開され、こちらも45億円を超える興行収入を叩き出した。近年、大ヒット作が出にくい映画業界だけに、続編製作の声が業界内からも上がっていたと言うが……。

「ついに続編が決まったそうです。クランクインは来年の1月で、公開は11月頃を予定。今作は、前作でついに夫婦になった小雪さん演じるヒロミと、吉岡秀隆さん演じる茶川の結婚後の物語だそうです」(映画関係者)

 シリーズを通じて描かれてきた2人の純愛を、今作も丁寧に撮っていくというのだが、小雪ファンにはたまらないシーンも準備されているという。

「今作では、収入が少ない茶川のために、ヒロミが働きに出るシーンがあるそうなんですが、それにあのCMが大きく関わってるそうなんです」(広告代理店)

 それが、小雪が出演するあのサントリーのウイスキーのCMだというのだ。

「あのCMで、今までウイスキーが身近じゃなかった若い世代にも『角瓶』が浸透し、先日発表された6月中間連結決算でも、過去最高の営業利益を計上しました。明らかに小雪さん効果で、サントリーは出荷を制限しているとも聞きました」(前同)
 
 そのCMを見たスタッフや、制作陣も、バーでハイボールを作る小雪にメロメロになったというのだ。

「それで、どうしてもそのバーでハイボールを作る小雪さんを見たいがために、働く場所の設定をわざわざバーにしたそうなんです」(前出・映画関係者)

 過去最高の営業利益を出したサントリーに習い、映画もヒットしてほしいものだが、それは脚本次第といったところか!?

『ALWAYS 三丁目の夕日 通常版』

薬師丸ひろ子の見所もお願いしますよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
大河のおかげ……佐藤健、超人気マンガの映画化で主演が決定!?
「森ガールはイヤ!」 作られたイメージに嫌気が差した蒼井優
新恋人に溺れて……中島美嘉が長年出演したCMを降板

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー