[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズ公式サイト『滝CHANnel』がオープン! ジュニアの写真を大解禁

takkik----.jpg
つまり幹部入りなわけで、滝沢サン

 つい最近まで、ウェブ上での所属タレントの写真使用に厳しく規制をかけていたジャニーズ事務所。出演ドラマや映画でさえも公式サイトでの使用が認められず、イラスト加工したものや画像なしでタレントを紹介することが業界の慣用であった。ところが、今年の初頭にNHK『第60回NHK紅白歌合戦』のインターネット有料配信番組を皮切りに、メディアへのタレント写真の掲載が徐々に見直されはじめたのは既報の通り。

 そして、ジャニーズファンにはとても嬉しい写真”解禁”が、6日にオープンしたジャニーズ公式サイト『滝CHANnel』で行われた。同サイトは滝沢秀明がプロデューサーになり、ジャニーズジュニアの面々の紹介や素顔を見せていくというコンセプトで、「ジャニーズ公式スペシャルサイト」という位置づけになる。

「ジャニーズの公式サイトは、『Johnny’s net』、携帯サイト『Johnny’s web』の2つがありましたが、いずれもタレントの活動を伝えるインフォメーション的な役割が強いものでした。『滝CHANnel』は、ジュニアのグループごとに動画で番組を流すようですし、自社チャンネルのような意味合いを持つのかもしれませんね。吉本興業のように公式チャンネルを持てばジャニーズは敵なしと言われていましたが、その辺りも将来的に考えていてもおかしくありません」(週刊誌記者)

taki.jpg
滝CHANnel』より

 オープン間もない『滝CHANnel』では、「coming soon!」の表示のままアクセスできないコンテンツもあるが、現在はジュニアの「Kis-My-Ft2」の動画がおよそ10分に渡り公開されており、非課金サイトとは思えぬほどのサービスぶりだ。

「まだ見れないんですけど、『GALLERY』というコンテンツがあるんです。これって、きっとジュニアの画像をいっぱい公開してくれるってことですよね? 撮影現場の様子やコンサートの裏側を紹介してくれるんじゃないかって、いまから待ちきれません!」(熱心なジャニーズファン)

 ファンにとっては嬉しいばかりのニュースだが、これはジャニーズ事務所の苦肉の策では、という声も上がっている。

「ジャニーズジュニアのテレビ露出が頭打ちになっていることを懸念しての対策かもしれませんね。一時期のジュニアブームのときは、デビュー前のタレントにも熱心なファンが付き、ゴールデンタイムに番組があったことでお茶の間にも名前が浸透しましたが、いまは人数ばかりが増えてしまって、知名度も人気も厳しいのが実情でしょう。とにかくアイドル雑誌以外での露出を増やそうとしているのかも」(芸能関係者)

 現在、ジャニーズジュニアにはMA、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、B.A.D.など多くのグループが存在するが、今後『滝CHANnel』に彼らが順次登場すると考えられる。今後のジュニアの活動、ジャニーズ事務所の方向性を占う上でもファンならずとも注目したい。

『誰も知らないJ学園 DVD-BOX』

誰も知らないってのが本音だけど……

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
タッキーの”お年玉60万円”報道が意味するもの
タッキーが合コンで女性に迫られ……村上信五がギリギリ話を暴露
ジャニーズの動画配信がスタートから1カ月で”中断・再開”! その理由とは?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク