[ジャニーズ最新言行録]

『源氏物語』主演が決定した生田斗真、「正直辛い」日々の心境を吐露

ikutatoma01.jpg
斗真、光GENJIって知ってる?

 2011年公開予定の映画『源氏物語(仮)』への主演が決定した生田斗真。角川映画・角川歴彦会長から焼き肉屋にて、「源氏物語を生田斗真でやりたいんだよ!」と直々にオファーされたというこの作品、予定されている製作費はなんと10億円以上。CGやアクションシーンを多彩に取り入れた超大作の中で、生田は希代の美男子・光源氏役に挑戦する。

 07年のドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』(フジテレビ系)で頭角を現し、これまで「CDデビューしてこそ1人前」とされてきたジャニーズ事務所の定義を覆して、「実力派俳優」という新たなジャンルを確立した生田。今年に入ってからは、映画『人間失格』『シーサイドモーテル』『ハナミズキ』(8月21日公開)と主演3作品が連続で公開され、俳優として高く評価されている。とはいえ、映画俳優としてはまだデビュー1年足らずの”ひよっこ”であることには変わりない。実際のところ、精神的にも体力的にも辛い部分があるのは当然のこと。

 そんな心境の一部を吐露したのが、ジャニーズの公式携帯サイト「Johnny’s web」内の連載「生田斗真の部屋」7月28日のエントリー。8月4日発売予定のDVD『人間失格』を自身で見返した際の心境が綴られている。

 今回、特典となるメイキング映像を初めて目にしたという生田。撮られていることにもまったく気付かず「目の前にあるもの以外目に入っていなかった」ほど必死だった自分を思い出しながら、『人間失格』という映画、そして荒戸源次郎監督との出会いが、自身にとってどんなに大切なものだったのかを改めて振り返ることができたという。

 そして、彼をもっともハッとさせたのは、クランクアップの際に自身が発したこんな言葉だった。

「この先の人生、何か辛い事があったらこの2ヶ月間の事を思い出します」

 現在、「正直いろんなことが重なっていて、結構大変」な日々を送る中で

「なんか昔の自分に励まされたっていうかさ、ちょっと初めての体験なんだけどそんな気がしたのよ。弱音吐いてんじゃねーってさ。だから俺はもうちょっと頑張ってみようと思います」
「俺はまだまだ頑張らないといけないみたいだ。まだ走るよ」 
 
 と、改めて力強く決意した様子の生田。他の誰でもない、”過去の自分”を目の当たりにしたことが、彼に大きなパワーを与えるきっかけとなったようだ。

 現在、ドラマ『うぬぼれ刑事』(TBS系)に出演しながら、映画の準備も着々と進行中の生田。多忙なスケジュールとプレッシャーを抱えつつも、自ら道を切り開き、進化していく生田からまだまだ目が離せない。

『人間失格 豪華版』

というわけで、特典映像をどうぞ。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
生田斗真と○○の急接近に、錦戸亮が激しく嫉妬!
「MORE」の王子様像? 小栗旬と生田斗真がアツイ「バカで最強な」俺たちトーク!
やっぱり仁より好き!? 山下智久と生田斗真、朝まで将来を語る



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『源氏物語』主演が決定した生田斗真、「正直辛い」日々の心境を吐露のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 生田斗真のニュースならサイゾーウーマンへ!