「新約・ジャニーズ暴露本」第4回

“ビッグ”アイドルから転落した田原俊彦、現在も続く「ほんの冗談」の悲劇

toshi.jpg
『職業=田原俊彦―「ありがとう」、
それだけが伝わるならいいのに。』
著:田原俊彦/ロングセラーズ刊

――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。鉄壁のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々の ジャニーズ非公式本から探っていく。

 9月1日に、歌手デビュー30周年を記念したベストアルバム『30th Anniversary BEST』を発売する、田原俊彦。同3日からは、ツアー『TOSHIHIKO TAHARA DOUBLE T TOUR2010』をスタートさせるなど、精力的に活動してはいるようだが、テレビで見る機会がほどんどない現在の姿は、かつての輝きを知る者の目には、いかにも寂しく映ってしまう。

 たのきんトリオで一世を風靡し、”抱かれたい男”ランキングの上位を欲しいままにしていたトシちゃんが、なぜここまで寂しい芸能活動を余儀なくされてしまったのか。大きな原因のひとつとされているのは、やはり「ビッグ発言」だ。1994年2月、長女が誕生したことを報告する記者会見で、

「何事も隠密にやりたかったけど、ボクぐらいビッグになってしまうと……」

 と発言し、トシちゃんは「生意気だ」「調子に乗っている」とマスコミに袋叩きにされてしまったのである。トシちゃんは、なぜこんなことを言ってしまったのか。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“ビッグ”アイドルから転落した田原俊彦、現在も続く「ほんの冗談」の悲劇のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元ジャニーズ新約・ジャニーズ暴露本田原俊彦のニュースならサイゾーウーマンへ!