芸能人のすっぴんに踊らされるな!

芸能人すっぴんラッシュは女性ファンにむけたもの!?

oshikirimoe33333.jpg
すっぴんより整形前を公開してよ~

 日常的にメイクをしている女性が、人前で素顔、つまり”すっぴん”を晒すことはかなり抵抗のある行為だと言われている。それが女性芸能人ともなれば、専属のメイクさんがバッチリ顔を作り、さらにフォトショップなどの画像修正でいくらでも美しく補正できるだけに、なかなか”すっぴん”を拝見する機会はそうそうない。しかし、最近の芸能界ではちょっとした”すっぴんブーム”が続いているのだ。

 ここ1カ月ほどの間に、ブログで”すっぴん”を披露してきたメンツだけでも結構な数になる。7月17日安倍なつみ、7月24日藤本美貴、7月26日佐藤江梨子、7月27日中川翔子、7月30日押切もえ、7月12日と8月2日仲里依紗、8月5日道重さゆみ、という調子で、女性芸能人が雨後の筍のごとく”すっぴん”というフィールドに出てきているのだ。佐藤江梨子にいたっては、すっぴん効果なのか、ブログが数日間に渡って繋がらない状態が続いていた。

「悲しいことに、女は化粧でいくらでも美人になります。いわば、顔をウリにするタレントにとって、すっぴんは最後の武器とも言えますね。自分に自信があるからこそ、できるワザとも言えます」(アイドルライターA氏)

 A氏によれば、女性タレントが”すっぴん”を晒すのは、男性ファンに向けたものではなく、同性ファン、つまり女性ファンを意識したものが多いと断言する。

「女性は”カワイイ”に敏感ですからね。すっぴんがカワイイ女性タレントは、同性からの憧れを得てそれが支持に繋がるんです。男性ファンもすっぴんに興味はあるでしょうが、女性ファンの方へに向けての効果の方が高い。女性マーケットへのアピールです」(前同)
 
 しかし、化粧をしていないすっぴん状態だとしてもすでに”お直し”が入っている可能性もあるという。

「整形したことで素顔に自信を持ち、好んですっぴんを晒すという心理も考えられますね。明らかに整形したと分かる目鼻でも、堂々と晒すことができるのは自己愛、ナルシシズムの一種なのでは」(美容ライター)

 10年、20年前では考えられなかった女性タレントのすっぴん。ファンと距離が近いブログのおかげで、プライベートを秘密にするのではなく、逆にプライベートを公開して人気を保つ芸能界。謎に包まれた銀幕のスターというのは、遠い過去の話なのだろうか。

超有名人 すっぴん・すあたま大公開! [単行本]

カツラを取った「すあたま」ブーム待ってます

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
三宅健、満員電車で女性の化粧をチェックし「なじんでないな~」
実は液状コンシーラ!? 「BBクリーム」はなぜ売れたのか
あなたも「クサイ!」と思われてる!? 自分じゃ嗅げない○○のニオイ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー