『サンデーモーニング』での張本勲対江川紹子から見えた、TBSの責任者の力なさ

sunday-1.jpg
サンデーモーニング』(TBS系)公式サイトより

 日曜の朝8時から放送されている『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー「週刊御意見番スポーツ」。大沢啓二・前日本ハム監督の自由なコメントと、TBS野球解説者・張本勲の冷静な分析が好評のコーナーだ。ご長寿コーナーだけある安定した番組運びだが、先日の放送中、まさに”ご意見”を伺っているところに事件が起こった。

「5月23日の番組内で、試合を途中降板した岩隈久志投手に”喝ッ!”と張本さんが叫んだのですが、出演していたジャーナリストの江川紹子さんが”エ~”と、異論ありといったような態度をとったんです。それが癪だったのか、”素人には分からない!”と張本さんが憤慨したんです」(スポーツ紙記者)

 後日、6月18日に江川はツイッターで同番組を欠席することを明かした。

「6月20日のサンデーモーニングに出演できなくなりました。私の言動について張本氏が立腹し、江川を番組に出さないように求めたためです。TBSは、張本氏の主張を受け入れ、私を出さない、と決めました。7月も同様の理由で出演できません」

 また、ご意見番コーナーの際だけ席を外すという提案も認められず、「番組全体から降りなきゃダメ、なんだそうです」と、ハナから話し合いの体裁ではなかったと明かしている。

張本は、江川の不出演について週刊誌に直撃されるも、「その件はぼくは分からない」「俺がTBSに苦情を言ったなんてない」と全否定。しかし、番組を知る者は江川についてこう語る。

「張本さんは”現場に行かない解説者”です。なので、球団や選手に気兼ねせずに何でも言えます。ただ、現場に行かないので、情報を提供するのはほとんどテレビスタッフ。通算猛打賞や通算打率3割と、偉大な記録を持つ張本さんですが、現場としては使い辛いのが実情です……。そもそも、出演者のいざこざなんてよくある話で、張本さんと江川さんを天秤にかけて、張本さんがいないとコーナーが成立しないからそうしたんでしょう。番組責任者に力がないから、押さえられないですよ」(TBS関係者)

 責任者が無力なのには、『サンデーモーニング』の特殊な事情があると言う。

「番組は司会の関口宏の事務所の出演者がほとんどで、関口帝国とも言われています。誰が責任者になっても視聴率が取れますし、逆を言えば局内であの番組を担当するのは出世ラインなんですよ」(前同)

 表向きは、両者解決に向けて話し合っているとされているが、結果は見えている模様。「今回はもっぱら張本さんのお怒りと要求にTBSのスタッフたちが抗しきれなかった構図なんだけどなあ…ただ、私が一番問題にしてるのは、その時のTBSの局としての判断なんだんけど」と江川が綴った言葉は、果たして制作者に届いているのだろうか……。

『絶対に勝てるケンカの手順―実戦対応最新版』

間違いない!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます】
大河のおかげ……佐藤健、超人気マンガの映画化で主演が決定!?
日本で稼ぐと叩かれる……パク・ヨンハ自殺に見る韓国社会の厳しさ
“元・男闘呼組”岡本健一の本質が表れた、米倉涼子との熱愛報道

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク