[TVツッコミ道場]

NHKで朝からセックスレス特集、その中で一層輝いていた有働アナ

udouyumiko.jpg
NHK公式HPより

 今回ツッコませていただくのは、6月23日放送分のNHK『あさイチ』。この日のメインテーマは「キラキラ40 セックスレス『しない』『できない』にはワケがある」。

 朝から1時間も「セックスレス」について延々と取り上げること自体、特殊な番組ではあるのだが、『あさイチ』の立ち位置を含めて、制作サイド・MCなどは「そんな”NHKらしくない”冒険が良い」という判断ということなのだろう。さもなければ、スロースタートだったものの久々に高視聴率をキープしている連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の直後に、そのテーマは通らないだろう。

 番組中、終始気になって仕方なかったのは、有働由美子アナの独特の「セックスレス」のイントネーションだった。登場する識者も、ゲストのタレントもみんな「セックスレス」を一続きの単語として、「クス」あたりにアクセントを置いて発音している。にもかかわらず、有働アナは、「セックス・レス」と1つの単語の中で区切り、「セ」の部分にアクセントを置いて発音するのだ。

 番組内でただ一人、しかも、メインテーマの単語について、違うイントネーションを貫く有働アナ。合間にニュースが入るときに、そのあたりの番組内でのイントネーションの統一が図られるものかと思って見守ったが、結局、最後まで有働アナだけが「セックス・レス」と「セックス」を強めに言い続けていた。

 単純に「ヘンなイントネーションだなあ」と気になってしまうが、でも、有働アナはアメリカ帰り。つまり、有働アナだけが正しいイントネーションで発音しているのかも……などと好意的に解釈しようと思った。しかし、そもそも「セックスレス」は和製英語で、ネイティブに忠実な正しい発音というわけではなさそうだ。「NHK基準」のイントネーションだったのだろうか。

 さらに気になるのは、「セックスレス」テーマについて、有働アナが何度も「私のようなアラフォーの独身女子としては」「アラフォーの乙女としては」という発言をすること。

 有働アナといえば、かつて広島東洋カープ(当時は横浜ベイスターズ)・石井琢朗選手との「カツラ変装密会デート・不倫」を報じられ、話題になった人。「アラフォー乙女」という発言も、朝の情報番組という視聴者層を考えると、反感を買ってしまう恐れも大きいのに……。これに限らず、有働アナは恋愛トークをしたがったり、「女」を出してくる場面がいやに多い。

 そんな有働アナと対照的だったのは、曜日レギュラーの室井佑月だ。最初は苦笑しているたが、終盤では目がショボショボ、眠そうにすら見えた。その原因がくれぐれも有働アナじゃないことだけを願っていますが……。
(田幸和歌子)

『アイドル武者修行2 』

立場上、セックスレスに言及できず

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
お堅い存在・NHK解説委員主幹、福山雅治ファンすぎてとろけそうな笑顔 …
スプーンの背で男性のを×× 「anan」のSM特集がヤバイ …
『セックス・アンド・ザ・シティ』エロ女社長直伝の愛のテクニック …



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

NHKで朝からセックスレス特集、その中で一層輝いていた有働アナのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場あさイチ井ノ原快彦室井佑月有働由美子柳澤秀夫のニュースならサイゾーウーマンへ!