最後に救ってくれるのは......

レギュラー番組が打ち切り濃厚で、いよいよ立場が危うい石橋貴明

ishibasitakaaki.jpg
盛者必衰の理ってヤツでしょうか。

 とんねるずの石橋貴明のレギュラー番組がこの秋に打ち切りが検討されていることが明らかになり、石橋がタレント生命のピンチに立たされている。

 とんねるずは日本テレビの『お笑いスター誕生』で優勝し、西城秀樹の初代マネジャーだったH氏が設立した事務所「A to Z」から芸能界デビューした。ところが、売れるやいなや、独立を画策。石橋が「イザワオフィス」の井澤健会長を頼って、独立に成功した。

 「イザワオフィス」はもともとザ・ドリフターズのマネジャーを務めていた井澤会長が、渡辺プロダクションから暖簾分けする形で作った事務所。現在も渡辺プロダクションのグループ会社であり、井澤会長は業界の大物バーニングプロダクションの周防郁雄会長とも深いつながりがあるとされている。

「以前、日本テレビの『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』で、元プロ野球選手の定岡正二さんがブレイクしたことがあったでしょう? もちろん、定岡さんの天然キャラが生きた結果なんですが、そもそも定岡さんがあの番組に呼ばれたのも、彼がイザワオフィス所属だったからなんです。それほど、石橋と井澤会長との関係が近いということなんですよ」(前出の関係者)

 個人事務所ということもあり、90年代中頃から長者番付ベスト10入りを果たし、芸能界の成功を勝ち取ったかに見えた石橋。だが、最近の凋落ぶりには目を覆いたくなるものがある、と言うのは局の関係者だ。

「『うたばん』(TBS系)のMCになったのも、井澤さんの後押しがあったからです。ところが、ここ数年『うたばん』の視聴率は一ケタ台と良くない。4月から『うたばん』と同じ、中居正広とのコンビで番組を『ザ・ミュージックアワー』へとリニューアルしましたが、低迷している。9月の番組編成で打ち切り、との声が上がってます」(TBS制作関係者)

 併せて、とんねるずの看板番組とも言えるフジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』も、マンネリ化で”9月打ち切り説”が流れている。

「起死回生を狙った映画『矢島美容室 THE MOVIE』も大コケでしたからね。とんねるずは、もはや過去のお笑いタレント。人柄のいい木梨は何とか生き残れますが、これまで、井澤さんの名前をチラつかせて、テレビ界を渡り歩いてきた石橋は厳しいと思いますよ」(前出のテレビ関係者)

 一方、石橋と結婚後は仕事をセーブしてきた妻・鈴木保奈美がここにきて仕事のペースを上げてきている。08年から雑誌「ミセス」(文化出版局)での連載を始めたが、来年のNHK大河ドラマ『江(ごう)~姫たちの戦国~』に出演が決定。これまで妻が働くことを嫌がってたという石橋だが、最後に救ってくれるのは妻なのかもしれない。

『アイドルみたいに歌わせて』

凋落の人々の寄せ集めみたいになってる!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ああ美しい! 石橋貴明そっくりの娘・穂のかは理想の娘だ!
キャンディにタマネギ返し!? 矢島美容室も太刀打ちできなかった『徹子の部屋』
とんねるずのセクハラ攻撃に、ハリセンボンが意外な反応!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

レギュラー番組が打ち切り濃厚で、いよいよ立場が危うい石橋貴明のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! とんねるず石橋貴明芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!