[ジャニーズ・メディアの裏側]

“禁断の手”まで!? 不可能だと思われていたTOKIOの新曲が首位を奪取

tokiozenin01.jpg
TOKIOは自然体が売りなのに……

 16日に発売されたTOKIOのニューシングル「-遥か-」が、6月28日付のオリコン週間ランキングで2年7カ月ぶりに首位を獲得した。今作は『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)の”DASH海岸”のテーマソングでもあり、ファンだけでなくお茶の間にもなじみ深い一曲。発売1週目で4万9,000枚を売り上げたものの、2位につけ たSound Horizonの「イドへ至る森へ至るイド」の売上は2,000枚差となる4万7,000枚。TOKIOが僅差で逃げ切った結果となった。

 既報の通り、今回異例の豪華特典を実施し、売上増をはかったTOKIO。が、思うように売上が伸びず、ランキングでも初日から3日連続で首位をSound Horizonに明け渡していた。週間ランキングでの逆転は難しいと思われていたのだが……。

「まさかの逆転が実現したのは、週末の土日に急きょ開催した『TOKIOスペシャルDAY』のおかげでしょう。期間中に全国41店の対象ショップでCDを購入すれば、オリジナルクリアファイルがプレゼントされるというキャンペーンを突然実施したんです。その結果、2日間で2万2,000枚を売り上げ、1位に浮上しました。火~金曜 の累積が2万4,000枚だったのですが、ほぼ同数を土日で稼いだことになりますから、キャンペーンの効果は絶大だったようですね」(音楽関係者)

 ジャニーズ側としては”同人音楽”出身のSound Horizonがここまで善戦するとは予想していたなかったのか、「TOKIOスペシャルDAY」の告知をキャンペーン前日に行うというドタバタぶり。さらにクリアファイルは3種類用意されていたため、なかには特典応募分とあわせて6枚購入したというファンも。これには、TOKIO、Sound Horizon両者のファンから「売上至上主義はTOKIOに合わない」「TOKIO必死すぎだろ」といった批判の声が高まっている。さらに、ネットでは「いくらキャンペーンだからって2日でそれまでの累積枚数を売り上げるのは、ファンの力だけでは不可能」と、自社買い疑惑までささやかれる始末。
 
 これまでにも土日開催の握手会を前日に緊急告知するなど、ファン泣かせの商法で売上を確保してきたジャニーズ。今回も首位奪取のための強引な戦法が功を奏したようだが、どこぞのレコード会社のにように”疑惑”を持たれるというのは、ジャニーズらしからぬ愚策だったと言えるだろう。

「-遥か-(初回限定盤2)(DVD付)」

みんなココをポチっと押して!(疑惑回避処置)

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
松岡昌宏「六本木でバカが……」と城島茂の恥ずかしい行為を暴露
国分太一、結婚秒読み女性とすれ違いで、スタッフと浮気!?
TOKIO・城島茂が明かす、デビュー前夜のジャニーさんの電話

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに