[TVツッコミ道場]

イケメントーク番組、モテるのはおしゃべりJOYよりも……?

rockyou.jpg
『心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU』公式サイト
より

 今回ツッコませていただくのは、4月からスタートし、毎週土曜深夜に放送中の『心ゆさぶれ! 先輩ROCK YOU』(日本テレビ系)。

 兄貴分・加藤浩次と、6人のイケメンが毎回「先輩」のゲストを迎え、トークする番組なのだが、驚くのはイケメンたちの沈黙度である。口達者なJOYを除く若者たちが、揃いも揃って大人しいことと言ったら!

 MCの加藤がゲストをさばき、若者たちに話題を振りと一人大忙し。ゲストはそれなりのベテランが多いだけに、若者たちに気を遣っている様がありありと見える。

 そして、ゲストが帰った後に、決まって「星空ノ反省会」と題して、レギュラー陣だけのトークが行われるのだが、内容は毎回「緊張した」「全然喋れなかった」というものばかり。

 視聴者側が「いつになったら慣れてくれるんだ!?」とハラハラしてしまうほどなのだが、これは制作者の狙い通りのようで、6月19日放送分においては、とうとう「大反省会SP」なるものが行われていた。

 視聴者からのメール投票により、「もっと頑張ってほしい」メンバーを1人選び、1位に選ばれた人は冷水浴びをするというのだが……。

 フツウなら、1位になるのは、バラエティー的にオチになりやすJOYだろうが、選ばれたのは、大人しい中でも抜きんでた大人しさの松坂桃李であった。

 そして、ゲスト・視聴者から、一番人気を集めているのも松坂桃李なのである。

 トークの席では常にゲストの隣に位置し、顔はよく映る彼。トークのオチはJOYがきっちり務めてくれる一方で、みんなに好かれるのは、ただただニコニコして、何も言わない桃李なのだ。

 彼は昨年放送の『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)においてシンケンレッド役として主演し、人気を得たのだが、そのドラマ上での「殿」という設定・呼び名から、いまだにファンの間では「殿」と呼ばれている。それは、「殿」の役があまりにハマり役だったという理由が大きいだろう。スラリとした長身・驚くべき小顔、抜群のルックスながら、なんだか暗い。大人しい。いわゆる特撮ヒーローの明るい主役の「レッド」キャラにしては、いやに陰があるのだ。と思ったら、ドラマ終盤では、「殿」という立場そのものが、実は「影武者」であったことが明かされるのだが……。

 ここで大事なのは、やっぱり「無口」キャラであるということ。殊に、男前に関しては、黙っているだけで見る側が勝手に「なんか暗い?」「影武者だったのか! なるほど!」「いじらしい……」と勝手に感情移入してくれる。無口は、やっぱり得である。

 JOYには「ニコニコしているだけで、何もしないでみんなに可愛い可愛い言われて」「結果出さないヤツは、レギュラーじゃない」などとイジられていたが、視聴者にはそんな「ただただニコニコしている桃李」目当ての人も多く、ネット上では最後の冷水浴びに「やっぱり和服が似合う」などと罰ゲームを喜ぶ人の声も多く見られた。

 ただし、「無口な殿」が輝くのは、優秀な兄貴・加藤と、安定感あるボケ役のJOYがいてこそ。最初は「大丈夫か、この番組?」と不安になるほどだったが、ちゃんと殿を引き立てる「チーム」ができつつあるようです。
(田幸和歌子)

『JOYパーソナルブック JOY×FULL [単行本(ソフトカバー)]』

メンエグの出世株!

amazon_associate_logo.jpg

 
【この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます】
「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰?
水嶋ヒロ、佐藤健らを輩出! “ライダー系イケメン”製造秘話を明かす …
テニミュから戦隊モノまで幅広くこなす、美麗系イケメン・齋藤ヤスカくん …

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク