行き過ぎた自主規制が原因?

撮り直した方がエロい!? 「最もセクシーな女性」が出演したお蔵入りCMが流出

MarisaMiller01.jpg
健康的なエロスを持つ、マリサ・ミラー

 アメリカで最も人気のあるスーパーモデルで、先月、男性誌「FHM」から「世界で最もセクシーな女性」の称号が贈られたマリサ・ミラー。彼女が2年前に撮影し、「セクシー過ぎて放送禁止」となったCMがネットに流出し、大きな話題を呼んでいる。

 問題のCMは、ゲームソフトメーカー世界最大手の「アクティビジョン」が誇る人気音楽ゲーム「ギターヒーロー」のために制作されたもの。映画『卒業白書』で、21歳のトム・クルーズが白ブリーフでエアギターを激しく弾きまくる、あの有名シーンを、マリサが実際に楽器を手に持ち再現。ブラジャーとパンティー&白のソックス姿ではあるが、卑猥な動きはなく、ロックミュージックをギターで弾くという「ギターヒーロー」のコンセプトが伝わるCMに仕上がっている。

 しかし、同社のスポンサーから、片足を上げギターを抱えるシーンなどが「股間は見えなくてもテレビで流すにはエロい」「12歳以上対象のゲームだからマズイ」とストップがかかり、お蔵入りに。その後、同じくセクシー系スーパーモデルのハイディ・クルムで撮り直されたものがオンエアーされたが、冒頭にメンズ・ワイシャツを着用しているものの、すぐに脱ぎ捨てブラ・パンティー・白ソックス姿で激しくギターを弾く内容となっており、こちらの方が腰をくねらせるなど激しい動きが多く、「なぜマリサのCMが放送禁止になったのか理解できない」という声が上がっている。

 なお、「ギターヒーロー」は、これまでも有名人を起用し、『卒業白書』の例のシーンでCM撮影をしている。過去には、スポーツファンにはたまらないコービー・ブライアント(NBAのロサンゼルス・レイカーズ)、アレックス・ロドリゲス(MLBニューヨーク・ヤンキース)、トニー・ホーク (絶大的な人気を誇るスケートボーダー)、マイケル・フェルプス(男性競泳選手でオリンピック金メダリスト)の4人が一緒に登場するバージョン、男性誌「プレイボーイ」のプレイメイト(11人全員シャツ着用)と創刊者ヒュー・ヘフナーが登場するバージョンもある。

 セクシー・ランジェリー「ヴィクトリアズ・シークレット」のシーズンモデルとしても活躍しているマリサは、幼い頃からサーフィンが大好きなスポーツウーマンとしても知られ、女性からの支持も高い。ファンからは、放送禁止になったCMも、「放送時間を夜間に限定すれば、オンエアーしてもかまわないのでは」と寛大な意見も多く出ている。パリス・ヒルトンやキム・カーダシアンら、性的行為を連想させるセレブのコマーシャルが次々と放送禁止になっているため、神経質になってしまったのだろうか。マリサのCMを解禁すべき、という声は、今後さらに強まりそうである。

『卒業白書』

御本家を見たくなってきた

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
“ポスト・パリス”ことキム・カーダシアンのエロすぎるCMが話題に!
「ワイセツ極まりない」!? パメラ・アンダーソンのCMがまたも放送禁止に
ビヨンセが歌えない!? ひどい歌声がユーチューブに出回る

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク