「ヤリマン肯定主義」第3回

“働きヤリマン”に捧ぐ、平日エッチと週末エッチの正しき楽しみ方

yariman03.jpg
Photo by Kawa0310 from Flickr

 最低でも週6回以上はエッチをしているヤリマンといえども、オモテの顔はあくまで働くオンナです。昼間の仕事に影響が出ないようにするためにも、平日エッチと週末エッチはきっちり別モノとして考えるのが正しきヤリマン道だと思います。

 平日エッチで大きなネックとなるのはメイクです。急なお泊まりの際、自分の家やホテルは別として、男性宅の場合「お泊まりしたいけどクレンジングが無い」というシーンは、気持ち的に萎えてしまいますよね。ですのでヤリマン的には”平日は、落としにくいアイメイクはNG”です。アイラインやマスカラは回避し、薄めのアイシャドーくらいにとどめておけば、最低ライン男性宅のメンズビオレでも洗浄可能。

 「携帯用のクレンジングを持ち歩けばいいじゃん」というご意見があるかもしれませんが、お泊まりグッズ的なアイテムをあれやこれやと持ち歩くのもNGです。男性に「このオンナ、慣れてるな」と思われ、その男性との関係をエッチ友達に発展させにくくなってしまう……というデメリットが伴います。コンビニで買っていくのも望ましくありません。「これから激しい一夜を」と盛り上がっている時にコンビニに寄ると、「このオンナ、もう翌朝のことを考えているのか」と思われ、男性側の気持ちが萎えてしまう……ということも起こり得るのです。

 「アイメイクなしのショボい顔だと男性をゲット出来る自信がない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、その点は逆に「アイメイクなしのワタシでも持ち帰るということは、今後会う際メイクが手抜きでも許されるのね」とプラス思考に転換させちゃいましょう。私も、現在のエッチ友達のうち1名の前では毎回スッピンですが、文句を言われたことはないですよ。どうしてもメイクを楽しみたいという方は、翌日の仕事を気にしなくていい週末に華やかなメイクを楽しむことをオススメします。

 また、平日エッチでは相手の男性が”回数派か、一点豪華主義派か”の見極めも重要です。回数派の男性に前戯たっぷりめのエッチをしかけてしまうと、一戦ごとに濃厚なエッチを数回繰り返すハメになってしまい気付いたら夜中の2時、3時を過ぎていたり、一点豪華主義派の男性に回数重視のエッチを求めてしまうと「2回以上は無理だよ~」と、こっちがエクスタシーを得る前に男性側がダウンしてしまうことも考えられます。

 なので、相手の男性が”回数を求めているのか、一発をたっぷり楽しみたいのか”を見極めるのがヤリマンの腕の見せ所です。回数派の男性とは、中には前戯なしでイキナリ挿入しちゃうようなパターンも交えつつ、一回に費やす時間は短めのエッチを2~3発楽しみましょう。一点豪華主義派の男性とは、前戯の段階からおねだり上手なオンナを演じて、確実に快楽を得ましょう。いずれにせよ、相手に合わせつつも自分が気持ちよくなることが最も重要です。確かに、エッチって相手がいないと出来ない行為ではありますが、自分が楽しむことを忘れてしまうと本末転倒になってしまいますから。

 対する週末エッチは、ヤリマンらしく思う存分はじけちゃいましょう。”エッチは夜するもの”というわけでもありません。土日は、昼間から1日中ベッドの中でヤリまくるというのも週末エッチの醍醐味です。私が好きなパターンは、ホテルのフリータイムで入り、コンビニで大量のお菓子や飲み物を買い込んで、エッチしたり少し眠ったり、お腹が空いたらお菓子をつまんだり……という過ごし方。ホテルじゃなくても、自分か男性かどちらかの部屋で丸1日パジャマで過ごし、借りてきたエッチビデオを観ながらそのまねをするというのも楽しいものですよ。時間を気にしないでず~っとベッドの中でエッチなことをしまくるって、週末にしか出来ない最高の贅沢ですよね。

 いかがでしょうか。平日エッチと週末エッチのニュアンスをほんのちょっと変えるだけで、それぞれを楽しむことが出来るんです。ヤリマンであると同時に、働くオンナであるということも忘れちゃいけませんよね。

<今週の格言>
ヤリマンたる者、平日も性欲をセーブするなかれ! そして週末は、更に性欲全開でエッチに臨むべし!

菊池美佳子(きくち・みかこ)
21歳で処女のままキャバ嬢デビューをするものの、試用期間内に本指名をとれず、東武東上線沿線のキャバクラを転々とする。その後、派遣OLを得て、現在は大人のおもちゃ屋さんのコピーライターとして、ヤリマンの名誉をかけて奮闘中。公式ブログも随時更新中!

『働きマン』

あ、ちょっと違った

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
エッチは男と付き合うための道具じゃない!
“ヤリマン”を知らずして、女にあらず! 少しだけ取り入れたいヤリマン精神
女はセックスに何を求めているのか……元AV女優、作家、SM女王によるエロスサミット

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー