[女性誌速攻レビュー]「nina's」7月号

お母ちゃんだよ、全員集合♪ 「nina’s」ではMEGUMIもカヒミも益若も並列

ninas.jpg
「nina’s」(祥伝社)2010年7月号

 今回が「女性誌レビュー」初登場となる「nina’s」(祥伝社)。”母になってもCute&Cool”をテーマにしており、これまでに表紙を飾ったのは乙葉、千秋、MEGUMI、一色紗英、渡辺満里奈などいずれも子持ちのママさんたちです。かつては、リア・ディゾンの妊婦セミヌードを表紙にして業界の話題をさらったこともある、「nina’s」。さて、その実態は!?

<トピックス>
◎親子でSNAP×SNAP×SNAP★
◎人気ママモデルの夏★おでかけ5days着まわし
◎子どもが伸びる家づくり

■ママで芸能人なら条件クリア! 雑食すぎるラインナップ

 田村亮の「子の背中を見て親は育つ」、ちはるの「凹凸日記」(ともに祥伝社)はともに単行本化された「nina’s」人気の連載ですが、この二人以外にも「えっ!」というような芸能人が連載をしています。まずは、山口もえ、リア・ディゾン、依布サラサ(井上陽水の娘)。その他、特集やインタビューで登場している人々も列挙するとhitomi、カヒミ・カリィ、坂下千里子、MINMI、MEGUMI、今井絵里子、坂井真紀、ともさかりえ、辻希美、益若つばさと、”ママ”と肩書きのある芸能人なら全部載っけちゃえ! というスタンスしか感じられない雑多ぶり。子どもを持つ前は、雑誌需要すらなかった人もいますし、ギャルカルチャーとオシャレカルチャーと、ヤンキーカルチャーの人間が共生しているというメルティング・ポット。ママという一点しか共通項のないメンツを並列に扱う「nina’s」。この様子なら、原宿(?)カルチャー木村カエラも即スタメン入り確実でしょう。

■MEGUMIのママタレとしての利便性

 MEGUMIが農業に関心を持っているとは小耳に挟んではいましたが、本当に農作業をしていたとは。「MEGUMIと農活!」では、MEGUMIが編集長を務めるフリーマガジン「FREMAGA」の農業部が行っている農活を誌上レポート。「もともと食材に興味があって、結婚前から無農薬野菜を取り寄せたりしていたんです」と、読者へのエクスキューズから始まり、「自分が育てた野菜をおいしく食べると、家庭が円満になる気がする。旦那も全然味が違うって言ってるし、少し肌が弱かった息子も変わりました」と、農活の恩恵を語っていらっしゃいます。私は農業従事者でないので、活動の善し悪しはわかりませんが、ただMEGUMIの手堅さは感じました。

 カルチャーも押さえ、ロハスも押さえ、ファッションも押さえ(キッズブランド「CALMA」のディレクター)、ママタレとして最強のカードを取り揃えた現状。しかも、どの分野でも突出せず、二番手三番手のスタンスなのが、編集者的にも使いやすい。そのバランス感覚が崩れ、ロハスやエコに傾倒しすぎると房総に引っ越したり、オランウータンに思いを馳せたり、ふんどしを薦める高樹沙耶ようになってしまいますから。何事もほどほどに、ファッション感覚で務めるのがいいようです。

■ママになってもアパレルだって主張したいの!

 第一特集の「親子でSNAP×SNAP×SNAP★」に戻ってみましょう。タイトル通り、ママ&子、またはママ&パパ&子を77組スナップしています。登場しているほとんどのママが、職業を”主婦”としている中、”○○プレス””ショップスタッフ””デザイナー””美容師”とわざわざ名乗っている方がいるあたり、「nina’s」ではオシャレ業界者がカッコいいとされていることが伺えます。このアパレル業界感が、他の主婦雑誌と一線を画している要因。とはいえ、ファッションスタイルは「SEDA」(インフォレスト)系から「In Red」(宝島社)系まで揃えている懐の広さ。これもママでオシャレ好きならとりあえずOKということでしょうか。

 他のメディアでは決して語られない、芸能人の家庭や子育てトークは、非婚者の下世話好奇心を満たしてくれ、これが既婚者だったら「わかるわー」と共感するであろう誌面作りでした。すでに木村カエラを使った何かを考えて、動いているだろう舞台裏に期待しています。
(二宮まい)

『nina’s (ニナーズ) 2010年 07月号]』

シングルマザーもウェルカムです

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
オバサンもダサい格好も許さない! 「VERY」が提唱する女道
旦那のおかずはくず野菜!  「I LOVE mama」界における安盛りの実態とは
聖地が渋谷から日暮里へ!?  「I LOVE mama」に構築された京成線的世界観

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー