[ジャニーズ・メディアの裏側]

「絶対一度は事故る」、事故が続くメンバーにリーダー大野智の一言

arashi04.jpg
リーダーの言うこと、ちゃんと聞いて!

 嵐・二宮和也が6月4日午後0時半頃、東京都目黒区上目黒の交差点で乗用車を運転中に、自転車に乗っていた30代女性と出会い頭に衝突。左足に全治2週間の打撲傷を負わせた事故を受け、ジャニーズ事務所は嵐メンバー全員に「年内いっぱいの運転禁止」を申し渡す措置を発表した。2月には、メンバーの松本潤も都内で追突事故を起こしており、同事務所は「事故が続いたことと負傷者が出たことを重く」見て「連帯責任としてメンバー全員を対象」にしたと説明している。

 事態を重く受け止めている、ということをアピールしたいのかもしれないが、成人男性を相手に「連帯責任」とは、まるで中学校の部活のような……。が、一部では「賢明な判断」という声も上がっている。

「二宮は『運転そのものはうまいけれど、荒いところもある』と以前から評判でした。信号が変わりかけたところを強行突破、なんてこともあったようです。他メンバーでいうと、櫻井は安全運転で、長時間の運転にも慣れているのですが、問題は相葉雅紀。もともとあまり運転が好きではないようで、必要がなければ乗らないタイプ。性格的にも穏やかなせいか、慎重な運転を心がけてはいるようなんですが、うっかりミスが多くて、駐車場の車止めと車高の距離が計算できず、エアロパーツが全部取れてしまったこともあったとか」(週刊誌記者)

 免許取りたての頃は「バックミラー確認が苦手で、いちいち振り返って後方確認していたら、高速道路でいつの間にか車線変更していた」なんて恐ろしい体験を告白したこともある相葉。さすがに今はそんなこともないだろうが、国立競技場+全国5大ドームを回るコンサートツアーが8月からスタートすることを考えれば、事務所側が強制的な「運転禁止」に踏みきるのも、やむを得ずなのかもしれない。

 ちなみに大野はもともと運転免許自体持っていないため、今回の措置については何のダメージもないよう。メンバーからなぜ免許を取らないのかを問われるたびに、「運転する人って絶対一度は事故るから、俺もそうなると思う」と答えていたが、いまとなってはかなり説得力のある考え方かも。大野の言葉を受け、他のメンバーもまさに「常に事故と隣り合わせ」と意識するくらいの危機感をもって、ハンドルを握った方がよさそうだ。

『未来へ吹き荒れろ嵐! 限定永久保存版―ARASHI10周年フォト・ドキュメント』

運転は吹き荒れちゃダメ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
追突事故を起こした松本潤、ふだんから「運転が荒い」とネタに……
大野智が奈良美智のツイッターに登場!「二人で飲んでるよ!」
彼女と別れた!? ”大人の男”二宮和也、夜の銀座の街で目撃される理由

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  16. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー