宝島社が続々と新創刊

“大人可愛い”深津絵里が、あのNo.1女性誌の表紙だけはNGのワケ

hukatsu.jpg
「女の子ものがたり」/ポニーキャニオン

 出版不況の昨今、ブランドムック本、ファッション誌で軒並み発行部数を伸ばし続けている宝島社。ブランドムック本「キャス・キッドソン」が120万部を突破し、同ジャンル史上最高部数を達成。「sweet」は49万部、「In Red」が33万部とまさに絶好調だ。

 そんななか、10月にはこれまで未開拓だった40代女性に向けての新雑誌を創刊するという。1989年にストリートファッション誌「CUTiE」を創刊、そのお姉さん誌として「spring」、「In Red」を立ち上げ10代~30代の各世代をカバーしてきたが、新創刊雑誌「GLOW」は、”ツヤっと輝く、40代女子力”をテーマに「In Red」の上の世代を狙う。「In Red」では、YOUやりょう、篠原涼子がカバーを飾り、”大人可愛い”をテーマにしていたが、そのお姉さん誌となる「GLOW」のカバーに誰が起用されるのか、業界の注目を集めている。またその影で、編集長人事に伴いあることが注目を浴びているらしい。


「『GLOW』新編集長は『In Red』元編集長で、その後任が『Spring』編集長なんです。実は、これまで『In Red』の表紙には深津絵里が出たことがないんです。年齢的にも”大人可愛い”にも深津はバッチリなんですが、”30代向け女性誌No.1″と表紙に謳っていることが深津サイドからするとNGで……。「spring」には出るんですけどね。どうやら30代というイメージをつけたくないようです。しかし『In Red』新編集長は、『spring』時代に深津の事務所とも信頼関係を結んでいるから、ついに深津が『In Red』解禁か? と注目しています」(ファッション誌編集者)

 また、「GLOW」のカバー起用には「『In Red』で活躍していたYOUやりょうが出るのでは。年齢的にも40代向けの方が無理がない」(同)と噂されている。そうなると、その空きを埋めるためにも「In Red」はなんとしても深津を起用したいところだろう。

 また、同社は「GLOW」と同時に「リンネル」も創刊。これまでムックで刊行してきた同誌を月刊誌として創刊し、いままで通りナチュラル系ファッションを中心にライフスタイルにも重点を置いた内容になるという。

 さらに、来月3日には顔用小型マッサージ器付きのムック『スッキリ美顔ローラー』を刊行するという。パッケージ内容は冊子1冊と美顔器で、従来のブランドムック本と同じような体裁で”刊行”と。美顔器は、同社が独自に開発したオリジナル商品で、30万部を発行する。ブランドムックで出版業界を騒がせた宝島社、再び業界を騒がすことになりそうだ。

『女の子ものがたり [DVD] 』

ほんとに女の子なんですねー

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事もよんでいます】
あの告白本の仕掛人が「ギャルファッション誌」編集長に転身!?
オシャレタレント千秋に学ぶ、R35のNG ファッション
深津絵里のストーカー!? ココリコ遠藤・ロンブー淳の妄想ロケ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク