[連載]寝ぐせ男子、全面支持!

爽やか読モの寝ぐせにズキュン☆ ボリュームあるスタイルが一周してオシャレ!?

 メガネ男子、スーツ男子、理系男子、制服男子、あなたはどんな男子がお好み? サイゾーウーマンがゆる~く世の女性たちにお送りするのは、ズバリ「寝ぐせ男子」! 原宿を歩く女の子たちの視線の先に、一人のイケメンが佇んでいたわ。いま流行りの読者モデル、通称”読モ”の彼、オシャレというフィルターで誤魔化されてはいるものの後頭部には立派な寝ぐせ。その全貌を解き明かしてきました!

neguse06-03.jpg
表参道の人ごみに現れた一人のイケメンよ!

【名前】
藤木亮介 20歳 

【紹介】
爽やかな笑顔で、読者モデルもこなす藤木亮介君。髪型の特徴はボリューム感のある寝ぐせ。パーマかと思いきや、それはくせ毛と寝ぐせのコラボレーション。寝ぐせをオシャレにアレンジする、寝ぐせ上級者の藤木君の寝ぐせヒストリーを公開♪

【寝グセでも気にせず出掛けるようになったのはいつから?】
中学時代サッカー部で、髪の毛が短かった頃からです。

neeguse06-04.jpg
こんな極上メンズがタダで見れるなんて、やっぱり原宿は都会だべ~

【髪型でこだわっているところは?】(寝グセにポイントは?)
くせ毛なので、寝ぐせもあまり目立ちません。むしろ寝ぐせを利用してボリューム感を出しています。寝ぐせとくせっ毛のコラボレーションといったところでしょうか。

【寝グセについて女子に何か言われたことはありますか?】
朝はかなりボサボサなので、「スゴイね」と言われたことがあります。

neguse06-04.jpg
エアリーすぎる毛流れは、オシャレじゃなくて寝ぐせよ!

【どういう格好で寝てる?】(うつぶせ、仰向け、横向きなど)
うつ伏せ。風呂上りは特に乾かしたりはしません。寝る時はロンTとスウェットでラフな感じです。

【睡眠時間はどのぐらい? 朝は弱い?】
5時間くらい。低血圧なので、予定のない日はなかなか起きれないです。

【女の子の寝グセは許せる?】
許せる。サバサバした感じの女の子が好きなので。

【朝の座右の銘】(寝グセ直すよりもメシをとる、みたいな)
朝に必要なのは、寝グセとそれを注意してくれる女の子。

企画、コーディネート:川島光明
芸人作家、イラストレーター。寝グセはカッコイイ男の象徴なのだということを、世間で認知してもらうべく活動を展開する第一人者。

『B-St. ビースタ (BiDaN style ビダン・スタイル) 』

これで見たことある顔だわ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます】
「寝ぐせは少年ぽさの演出に」側頭部のソフトな横跳ねタイプがso cute♪
跳ね上げ型のワイルドタイプ♪  イケてる男子の寝ぐせに胸キュ~ン★
「前世からのメッセージは……」魔女がみてくれる、前世カフェに潜入!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー