90年代のミューズ二人がそんなことを!

コートニー・ラブ、億万長者の恋人に捨てられた! 原因はケイト・モスとのレズプレイ

CourtneyLove.jpg
最近のコートニーは痛々しくて見てられないよ~

 伝説的ミュージシャン、故カート・コバーンの未亡人で、ミュージシャンだけでなく女優としても活動しているコートニー・ラブ。スーパーモデルのケイト・モスと90年代にレズ関係を結んだことを激白し、世間を騒がせたばかりだが、そのことが原因で億万長者の彼に振られてしまったそうだ。

 先週の20日、アイルランドの音楽誌「HOT PRESS」のインタビューで、コートニーは90年代にケイト・モスと性的関係を結んだと激白。「孫に語れる最高の思い出話になると思うわ。ドラッグを決めまくってたわけじゃなくて、90年代にイタリアのミラノで起こった出来事よ」と語り、当時ロンドンに在住していたコートニーの女友達の多くが、ケイトと性的な関係を持っていたと明かした。

 コートニーは、ほかにも歌手のグウェン・ステファニーの夫、ギャヴィン・ロズデイルとも付き合っていたと告白。すでにグウェンと交際を始めていたギャヴィンと、8カ月間に渡り逢瀬を重ねていたと明かした。なお、「2人が婚約してからは、やってない」とのことだ。

 今回のコートニーの発言に関して、ケイトの広報はノーコメント、ギャヴィンはコートニーと交際したこと自体を否定している。ちなみに、ケイトは現在、UKバンドのザ・キルズのジェイミー・ヒンスと交際しており、カリブ海でトップレスで戯れる姿がパパラッチされていることから、レズセックス報道はさほど気にかけていない様子。

 しかし、このインタビュー内容を大いに気にしたのが、コートニーの彼。45歳になるコートニーは、8歳年上の資産家でホテル王のアンドレ・バラスと極秘交際していたのだが、「これ以上、コートニーのハチャメチャな発言や行動についていけない」と別れを告げられてしまったというのだ。アンドレにコートニーは惚れ抜いており、他の女性と話しをするだけで嫉妬し泣き出す姿が目撃されている。真剣交際に突入していただけに、アンドレに捨てられた今、失意のどん底にいると伝えられている。

 コートニーは、カートとの間に生まれた愛娘フランシス・ビーンの親権を失っただけでなく、接近禁止命令まで受けており、母の日には、フランシスへのうらみつらみをTwitterでつぶやき同情を呼んだ。が、今回の破局は身から出たサビ、同情の余地なしである。

『ノーバディーズ・ドーター』

コートニー姐さん、8月に来日ッス!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
元祖ゴシップ女王、コートニー・ラブが偽造カードで訴訟!?
ケイト・モスの元カレ、薬物使用でまたまた逮捕
あの伝説的スーパーモデルが、 Reebokの広告で全裸を披露!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!