[女性誌速攻レビュー]「an・an」5月26日号

「”たべカワ”女子」とは? オシャレな造語に潜む「an・an」の魂胆

anan0519.jpg
「an・an」(マガジンハウス)5月26日号

 今週の「an・an」は「オトコの謎199」特集。そして、4カ月前の「オトコノカラダ」特集の際に大きな疑問を残した「妄撮男子」も再登場。それよりも気になってしまったのが「大注目”たべカワ”女子」という言葉ですが、一体どんな女子なんでしょう。「an・an」の思考の方がナゾに感じるサイゾーウーマンですが、まずはトピックスから見ていきましょう。

<トピックス>
◎オトコの謎Q&A 116
◎ラジオLOVE
◎妄撮男子

■「ニコラ」読者の女子中高生でも、質問しないよ

 「どうしてハゲるの?」「好きな女子にわざと冷たくしたり、からかったりするのはなぜ?」「どの段階から彼女になってるの?」という、マセた小学生が考えそうなことから、「時々、彼のプライドの高さにキレそうになっちゃいます」「電話対応や受付業務、お茶汲みをするのは女ばっかり。もう!」なんてただの愚痴まで、幅広く”オトコの謎”を116コ掲載。「一週間でオナニーは何回?」なんて直球下ネタは皆無、今回はエロ封印か? と思いきや、さり気なくまぶしてきたこの解答。

Q13 電車で大また広げて座るのはなぜ!?(怒)

A オトコの”象徴”を適度に冷やすため。「キン”冷”効果によるものだと思います。(中略)精子をカラダより低い温度に保つため。股を広げるほうが冷却できますから」

 まさかこんな質問から下ネタが繰り出されるとは……。油断なりません。しかしなるほど、”象徴”を冷却中だと思えば、大股開きで座席をふんどる上下スウェットヤンキー集団もマヌケに思え、もうビビらなくてすみそうです。こんな調子で謎を解き明かしてくれたのは、心理学者、医学博士、エッセイスト、作家、イケメン500人など。杉作J太郎、吉田豪、みうらじゅんなど、”サブカル”(笑)の人も登場しているので、医学的な部分だけ実用に回したら、あとはネタとして読むのが正しい姿勢かと思います。

■翔太はおでこと鼻が好き

 喜怒哀楽が極めて分かりにくいクールな表情と細マッチョ代表に相応しいヤンチャぶりが謎すぎる松田翔太のミステリアスな一面が伺える言葉が散りばめられているインタビュー。

「女性のどこを見るかと聞かれ、あえて答えるならおでこや鼻です。でも見ているのは形ではなく質感。清潔そうで、ツルツルで、思わず手で触れてしまいそうなのがいい」

 あのクールな眼差しが、まさかおでこと鼻に向けられていたとは。謎深き男は、見ている所もミステリアスです。とりあえず、皆さんおでこと鼻の角栓をケアしましょう。この他にも、「自分の彼女がきれいになるためなら、飲みに行くのを一回我慢してでも、週一でエステに行かせてあげたい。彼女に女性としての品をキープしてもらいたいなら、男はそれくらいやるべき」「レディファーストなんて言うまでもなく、それは当たり前のこと」なんて言葉も飛び出し、24歳にしてこの感じ……。まさかドラマの撮影現場でキムタクから悪い影響を受けてしまったのかしら? 今後の翔太が不安です。 

■ご飯くらい好きに食べさせてくれ!

 表紙から嫌な予感のしていた「”たべカワ”女子」が登場です。男はおいしそうに食べる女性がかわいく見えるんですって。そんな”たべカワ女子”No.1の杏が登場。(って誰が決めたのんでしょうか。杏が食べてる姿なんて、いまだかつて見たことありませんけど)「かわいい食べ物は食べ方もかわいく(ハート)」「ボリューミーなサンドイッチは一気にガブッといくのが正解」などなど、食べ方を指南。もう好きに食べさせて! パフェを食べるときは、鼻のてっぺんにクリームつけて「エヘッ」って杏みたいにやんなきゃいけないんですかね? この企画はサントリーさんとの大掛かりなタイアップなんですけど、そのために”たべカワ”という造語を作ってしまうマガジンハウスさんの精神性、「あんたそういうとこあるよ」と言わせて頂きます。
 
 そしてやっぱり萌えない「妄撮男子」などもありつつ、今号の「an・an」は迷走して終了。「まぁ、「an・an」ってそれも含めての「an・an」だし」と、諦めと笑いの姿勢で読んであげるのがやはり正しい接し方のようです。そう、キムタク御大を見つめる眼差しを「an・an」にも……。次号は「女のモテ期、大研究!」。あれ、かわいく食っときゃいいんでないの?
(二宮まい)

『anan特別編集 COOL☆BOYS 渡部豪太 (大型本)』

an・anからイケメン写真集が出る模様です

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「カッコつけてる男のことを悪く言わないで」とキムタクが「an・an」で激白!
「彼の”袋”を感じろ!」「an・ an」セックス特集は、謎の職業”ヒーラー”が活躍
「an・an」が切り拓いた、「生理用品レビュー」という新ジャンル

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク