実は政治的なイベント?

サラ・ペイリンそっくりさんによる、セクシーコンテストが大盛り上がり♪

sarahpalin01.jpg

 共和党の副大統領候補として、華々しくメディアに登場。抜群の注目度を誇り、2012年のアメリカ大統領選に出馬するといわれている、前アラスカ州知事サラ・ペイリン。彼女のそっくりさんばかりが一同に集まり、「セクシーさ」を競うコンテストが有名ストリップ・クラブで開催され、大きな話題を呼んだ。

 サラ・ペイリンのオーラに、セックスアピールをプラスし、ストリップしながら淫乱さを競う「セクシー サラ・ペイリンそっくりさんコンテスト」は、12日にシカゴの有名ストリップ・クラブ「アドミラル劇場」で開催された。劇場には、「減税! 増淫!」のキャッチフレーズに惹かれた多くの男性が大挙して押し寄せた。

 サラにそっくりな7人の出場者は眼鏡をかけ、上品ぶったスーツ姿でステージに登場。ベビーオイルを滴らせた「石油採掘ペイリン」、銃規制に強く反対しているサラだけにライフルを担いだ「ハンティング・ペイリン」、敬虔なキリスト教福音派であるサラを皮肉った「バイブル・ペイリン」など、テーマに沿ったサラが次々と登場。みな、じらしながら服を脱ぎ捨て、笑顔で開脚するなどのアピールで、会場を大いに沸かせた。

 中でも、さっさと服を脱ぎ捨て、SMコスチューム姿で鞭を片手に卑猥なポーズをとる「女性リーダーのペイリン」を演じた21歳のビア嬢に会場は大興奮。劇場オーナーや地元人気ラジオ番組司会者らが並んだ審査員席からも大きな拍手が巻き起こり、普段は学生だというビア嬢が見事優勝。賞金5,000ドル(約46万円)を手に入れた。

 主催者は、サラ本人にも「ぜひ審査員として来賓して欲しい」とラブコールを送ったが、当然ながら返事は来なかったという。ちなみに、コンテストが開催されていたころ、本物のサラはイリノイ州で共和党を支援するイベントに出席していた。

 なお、今回開催されたコンテストの収益金は、オバマ政権の課税対策に抗議する保守的政治運動「ティーパーティー運動」に寄付されるとのこと。政治的な意味合いも持つ「奥深い」コンテストなのだと主催者は主張していた。

 アメリカ人男性の多くが、サラのようなお堅い女性を脱がせるファンタジーを持つとされており、大統領選真っ最中であった2008年もラスベガスで「サラ・ペイリンのそっくりさんストリッパー」コンテストなるものが開催されている。

参加者の写真はこちら

『ミシェル・オバマ ~愛が生んだ奇跡』

ミシェルはどうなんスか、アメリカ人男性のみなさん。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
股間にお尻をねっとりと…… マイリー・サイラスの卑猥ダンス動画が流出
“バカップル”が再び!? トム・クルーズ夫妻の濃厚なステージが話題に!
『デス妻』トップの暴君政治!? 主演の告発で分裂する主演女優たち

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク