今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

テレビから遠ざかったIKKOが、戻って来た事情とは……

ikko08.jpg
IKKOさんもすっかり実業家なのね

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ユニセックスな香り
 一時テレビに引っ張りだこだったのに、最近あまり見ない人のことを、世間は「一発屋」と呼ぶ。これは「テレビに出る=売れている」という、大雑把なコンセンサスによる感覚である。ま、お笑い芸人なんかに関しては、その概念は間違いではないと思うのだが、一つ言えるのは、世の中には「テレビに出る方が効率悪い」という理由でテレビから遠ざかっている人間もいるってことだ。『カスペ! 芸能界の告白・ヒットに隠された壮絶人生SP!』(フジテレビ系)という何とも下世話なタイトルの番組に久々に出ていたIKKO。テレビ業界の知人に「あの人、テレビで顔が売れた後、商売が軌道に乗ったから、もう金にならないテレビなんか出ないよ」という話を聞いてはいたが。プロデュースした店のオープニング密着(ヒステリックにスタッフを叱り飛ばす)、完全なるスッピンの公開(『サザエさん』のアナゴさん似)等々、「タレント」と思って見ればマイナスにしかならないこれらの要素も、「なりふり構わず商品に心血を注ぐ実業家」の姿をアピールするという、広告・宣伝の意味において、絶大なる効果を生んだに違いない。でもなあ。どんなに心血注いだとしても、「IKKOが開発した香水」ってそんなに欲しいか? 欲しいって言われても何も言い返せないが。「IKKOがセックスアピールの為にアレコレ考え抜いて作った香りを身につけてる」って時点で、何か何もかも水泡に帰する気がするのだが。気のせいか。

◎流行りに敏感でオシャレ
 そんなIKKOと、同じ番組に出ていたアン・ルイス、その直後に放送されてた『魔女たちの22時』(日本テレビ系)に出てた比企理恵が、皆揃って「パニック障害」を告白。なんだかなあ。病気だということは百も承知の上なのだが、何かこう「流行ってる」としか思えない。病気なんだけどねえ。傍から見てると「舌先三寸」に見えるのがその理由か。もちろん、傍から見ての話ですが。

◎顔が仕事だからね
 『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でミソをつけ続けている滝川クリステル。コンビニの高級菓子が売れているという話題で、コメンテーターの「私が滝川さんにシュークリームを買うとしたら……」、と話を振られると、「何で私に振るんですか!」。高城剛についてどう思うかと聞かれて「ノーコメントです!」。仕事しろ。お姫様か。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
なぜかヒール役を割り振られた、沢尻エリカの夫
「間違った女らしさ」を押しつけられる悲しさよ……
オスカーノミネート女優にも菓子パン! 『とくダネ!』から見たテレビの本質

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク