[TVツッコミ道場]

「オレたちのアニキ」松下奈緒が注目を浴びる、ワースト視聴率朝ドラ『ゲゲゲの女房』

gege.jpg
NHK『ゲゲゲの女房』公式サイトより

 今回ツッコませていただくのは、4月にスタートしたNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』。
朝ドラの定番の一つ、「やたらと土下座→主人公のおかげで何でも解決」的な展開もなければ、近年の「NHKらしくないドタバタ漫画的展開」(『だんだん』や『つばさ』など)もない同ドラマ。

 初回の視聴率が振るわなかったことが話題となっていたが、「久しぶりに楽しみなドラマ」などと、内容に関してはかなり良い評価が集まっている。主人公・布美枝の松下奈緒も、茂役の向井理も良いが、頑固で温かい布美枝の父を演じる大杉漣、大らかで飄々とした茂の父を演じる風間杜夫、口うるさくも優しい母を演じる竹下景子が、実に上手い。

 いまどきのドラマ・映画にありがちな、大仰なBGMで「ここ、泣きどころですよ!」と分かりやすく盛り上げるなどしない美しさ。実話ベースで作られている安心感があるのだろうが、静かにのどかに、ただしみじみと泣かせてくれる良いドラマとなっている。

 そして、何より好感が持てるのは、登場人物の過剰な演技や過剰な演出がないこと。

 たとえば、戦争で片腕を失った茂の不自由さを知るために、自分の腕を三角布で吊って生活してみた母のことが、兄の口からさりげなく語られるシーン。また、茂の新婚初夜に不安げに呟く母のセリフ――「(片腕を失っていることを)聞いて知っているのと見るのとでは違う」などには、過剰な感情の表出がまるでなく、「優しさ」が実に自然に描かれている。

 ところで、そんなドラマの内容とは別に、改めて注目されているのは、松下奈緒の「長身」ぶりである。

 主役抜擢の理由の一つにもなっているわけだが、ネット上では「松下奈緒」と入力すると、関連検索ワードとして、まず「身長」が表示される。

 また、かねてより「公称174センチとあるが、実際は180センチぐらいあるのではないか?」といった声も多数出ていたほどで、その長身&凛々しい顔立ちから、ネット上の一部では「オレたちのアニキ」「男前すぎる」と言われていたり、また、”巨女好き”の人たちの間で、「オレたちの奈緒さまが、朝ドラで、ハァハァ」といった盛り上がり方もされている。

 ともあれ、流行りのドラマのように抽象的な「雰囲気」ばかりで押すこともなく、近年ありがちな、複雑な伏線ばかりに凝った”細かいドラマ”とも違って、視点はあくまで細やかながら、じっくりと丁寧に人の心を描いた『ゲゲゲの女房』。

 一部では、ねずみ男のモデルとなったイタチ(浦木克夫役)の杉浦太陽はミスキャストでは、と不安視する声もあったり、「ドラマ明けの『あさイチ』のイノッチたちに余韻を壊される」という声もあるけれど、今後も大らかでしみじみさせてくれるドラマに期待したい。
(田幸和歌子)

『向井理ファースト写真集『ライカム』 (大型本)』

向井クンは182cmもあるんだってー♪

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「改悪」「うざい」の声続出!? イノッチの朝のNHK新番組
“理想の父親”杉浦太陽の父親が借金トラブル! 幸せ家族の裏に漂う不穏なムード
KYガヤ芸で『タモリ倶楽部』で浮きまくりのフジモン……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク