[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAPの上海万博公演に警鐘! 偽企画書を巡るあのチケット騒動

SMAP03.jpg
上海に行っちゃうよ! ジャージで行っちゃうよ!

 上海万博からの招待を受け、結成以来初めてとなる海外公演を世界文化センター(上海万博会場内)で行うことが決まったSMAP。90分間を予定するライブは、PRイベント「万博を歌える」の一環で、日本人ゲストとして出演するのはSMAPのみ。しかも「2年前からオファーしていた」とのことで上海側の期待の高さがうかがえ る。

「2008年に嵐がジャニーズで初の上海コンサートを行って話題になりましたが、知名度でいえばやはりSMAPのほうが上。メンバーの出演ドラマがきっかけでファンになった人が多いようです。先日のドラマロケで木村拓哉が上海を訪れた際も、現地のファンが連日ロケ現場に大挙してましたからね。ライブも大盛況間違いなしでしょう 」(週刊誌記者)

 現地のファンはもちろん、「行けない距離じゃない」とばかりに日本からの遠征計画を立てているファンも多いようだ。が、問題なのはチケットの入手方法。

 ジャニーズ側の発表によると、今回のライブ「上海万博 ファンの集い」は万博会場の入場チケットがあれば誰でも鑑賞することができるため、実質ライブチケットは”無料”。その代わり、当日に世界文化センターで整理券を受け取らなければならず、プラチナチケットを巡って大混乱となるのは必至だ。

 20日に行われたリハーサルには、市民20万人が参加。入場者が殺到してイタリア館のガラスが割れたり、転倒して右手首を骨折する人が現れるなど負傷者も相次ぎ、スタート前から安全面が疑問視されている上海万博。世界文化センターの収容人数1万8,000人の中に潜りこむには、相当な気合いを入れていかなければならない。しかし、SMAPのチケットを巡る騒動といえば、思い出されるのがこの事件。

「08年末、上海の複数の民間企業によるチケット詐欺が起きました。『来年4月30日にSMAPが上海万博のプレイベントとして、上海スタジアムでコンサートを行う』というニセの企画書が出回り、実際にネットでチケットを販売。中には1,280元(当時で約1万9,000円)もするチケットを買ってしまった日本のファンもいたようです。 ジャニーズ事務所は『そのような予定は一切ない』と否定し、所属レコード会社のビクターとともに、ファンに向けて警告文を発する騒動にまで発展しました。嵐がコンサートを行った際にも、現地で偽チケットをつかまされ、泣く泣く帰国したファンもいたようです。今回も日本からやってくる熱心なファンを狙って、高額の整理券を売りつける輩が現れるでしょう。それが本物ならまだしも、偽物である可能性もありますから、ファンは用心したほうがいいですね」(同前)

 当日配布の整理券を獲得できる可能性は予想もつかないが、現地住民のほうが有利なのは明らか。不慣れな海外でチケット争奪戦に参加するよりも、ここはおとなしく日本でのコンサートツアー発表を待ったほうが得策かも?

『上海路地裏万博 アジアの街トラベルガイド』

モノマネ大国だけに、「SNAP」とかないよね?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
キムタク批判に北川景子の喫煙、日本じゃありえない中国報道の中身
ジャニーズ事務所が動画配信をスタート、ついにメディアに迎合?
月9はキムタク主演で決まり!? 発表前に台湾メディアが報道



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAPの上海万博公演に警鐘! 偽企画書を巡るあのチケット騒動のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! SMAP木村拓哉のニュースならサイゾーウーマンへ!