女性誌速攻レビュー特別編・ティーン誌解剖 第2回【全4回】

30万部超えのトップ誌は、カレにも友だちにも”愛され”志向の「Seventeen」

30万部超えのトップ誌は、カレにも友だちにも”愛され”志向の「Seventeen」

 「Seventeen」(集英社)の歴史は古い。1968年5月、アメリカ「Seventeen」誌の日本版として「週刊セブンティーン」は創刊した。当時、総合少女雑誌だった「マーガレット」のお姉さん雑誌として位置づけられ、創刊号の特集は当時流行だった音楽のGS(グループサウンズ)だった。漫画や小説の連載などもあったが、ファッションは7ページしかなかった。その後何度かのリニューアルや、ライバル誌「プチセブン」(小学館・02年休刊)との激闘を経て、現在は30万部を超えた10代少女向けファッション雑誌のトップに君臨している。  よく誤解されるが、この誌名は17歳を意味しているわけではない。ターゲットである13歳から19歳、その7つの年齢という意味で「Seventeen」と名付けられた。その年齢層向けの雑誌に特徴的な、誌面に過剰な情報を敷き詰める傾向はあまり見られない。しかし雑誌自体の完成度が非常に高く、写真や文字の強弱、レイアウトなどがとても丁寧で見やすい。モデルだけでなく、コーディネートやヘアメイクもとても可愛く、見ていて全く飽きることがない。これは「Seventeen」(以下、ST)のお姉さん雑誌である「non-no」や、休刊してしまった「PINKY」にも言えることで、集英社の本を作ることへのプライドが見て取れる。...



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

30万部超えのトップ誌は、カレにも友だちにも”愛され”志向の「Seventeen」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Seventeenティーン誌解剖女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 女性タレントの全裸セックス写真流出!?
  2. 女子アナ、全裸ベッド写真流出?
  3. 高橋一生、なぜアンチ急増してる?
  4. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  5. 『24時間』ランナー未発表の裏事情
  6. 『過保護~』黒木瞳は視聴者人気最悪?
  7. 草なぎ、異例の「連載継続」発表
  8. 熊谷容疑者、現役トップJr.とも接触
  9. 松本人志の筋肉にファン「加減しなよ」
  10. 中島健人『ここさけ』が大爆死!!
  11. ビジュアル系バンドの物悲しい現在
  12. 『未満都市』の視聴率に日テレ落胆
  13. 『ミになる図書館』打ち切れないワケ
  14. 松居一代、ホリプロ&セブンとの対決
  15. 芸能界激震させた「音声流出」事件
  16. 元極妻が語るセックスドラッグ裏話
  17. 小原裕貴起用にテレビ界が冷やかなワケ
  18. 今井絵理子、芸能人感覚でスキャンダル
  19. ディーン7月期初の民放連ドラ主演
  20. 『コード・ブルー』第2話も古参ファン落胆?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 芸能関係者が震えた“芸能人流出写真”
  2. 熊谷容疑者、現役トップJr.とも接触
  3. 草なぎ、異例の「連載継続」発表
  4. 『ミになる図書館』打ち切れないワケ
  5. 中島健人『ここさけ』が大爆死!!

カルチャーの人気記事

  1. 「CLASSY.」オススメ“40歳婚”の正体
  2. 法改正でも変わらない性被害者への視線
  3. 『風俗嬢のための護身術講座』に学ぶ
  4. 「山口敬之レイプ疑惑」に新事実も!?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセの産後の体重が注目の的
  2. 1Dハリーの新曲は誰との思い出?
  3. O・Jシンプソン 自慰で仮釈延長?
  4. R・ケリー、セックスカルト形成?
  5. ケイティ、ファンとの無防備ハグに賛否両論