今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

国民的人気の加藤清史郎クンを覆う、さまざまな不安

seishirou.jpg
『こども役者』加藤清史郎(小学館)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎男版・安達祐実の予感大
 大人気子役・加藤清史郎クン。御歳8歳。前から思ってたんだが、それが子役のつとめとはいえ、ちょっと実年齢より小さすぎやしないか。ここ数年、あんま成長してないように見えるのだが大丈夫か。先日、ドラマロケの間に宿題やってるところを取材されてたが、その時やってた算数ドリルの問題が「86-7」だった。大人気子役・加藤清史郎クン。御歳8歳。他人がアレコレ口出しすることじゃないのは百も承知だが、言わずにいられない。大丈夫か。

◎もはや、たむけんでいいのかも
 加藤ローサ主演ドラマ『プロゴルファー花』(日本テレビ系)。深夜枠だというのに、お色気ナシ、企画色ナシ、話題性ナシ、とないないづくしの鼻くそドラマである。唯一の見どころといえば、主人公のゴルフコーチ役の石黒賢の風貌がたむらけんじにそっくりな点か。ホントそっくり。衣装合わせの時、本人も周りも絶対「コレたむけんじゃん」と思ったはず。でもそのままスルーで撮影に入る。作る側も出る側も、真底どーでもいいと思って撮ってるのがひしひしと伝わってくる。そんなドラマだ。

◎大女優も油断するとこうなるのね
 この不景気にどこまでも豪華に浮世離れした感のあるTSUBAKIのCM。豪華出演女優陣は、それぞれベストなシチュエーションでカッチョよくポーズをキメている。大自然の息吹に包まれ、ヨガのポーズをとるのは鈴木京香。んー。ゆったりと余裕の表情で大女優の貫録十分、と言いたいところなのだが、一つ引っかかる点が……。バストトップの位置、ちょっと低すぎやしないか? 黒木瞳ほどツンツン嘘の上向き位置に持って行けとは言わん。しかし、女優がここ一番のタンクトップ一丁姿を見せるのである。威嚇の意味も込めて、もうちょい気遣って欲しかった。もうすぐ薄着の季節。我々庶民も気をつけたいところである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
オスカーノミネート女優にも菓子パン! 『とくダネ!』から見たテレビの本質
「百恵と友和の息子」に振りかかる、 CMという名の災い
ドラマに限界を感じたジャニーズが開いた、新たな開拓地とは?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  17. 『カウコン』意外な舞台裏
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー