「新約・ジャニーズ暴露本」第3回

「ジャニー氏を野放しにしたのは自分だ」、苦悩する元ジャニーズの懺悔

johnnysgyakusyu.jpg
『ジャニーズの逆襲』(データハウス)

――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。鉄壁のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々の ジャニーズ非公式本から探っていく。

(前編はこちら)

■芸能史上初のホモセクハラ裁判

 そして、同著のもうひとつの見所は、1964年から実に4年にも渡って行われた、ジャニーズをめぐるホモセクハラ裁判の詳細が描かれていることだ。

 アマチュア時代のジャニーズの4人は、ジャニー氏の紹介で「新芸能学院」という芸能学校に籍を置き、ダンスや歌のレッスンをしていたのだが、人気が出てくると、ジャニー氏は4人をひき連れて学院を飛び出してしまう。これに怒った学院長が、所属中の授業料やスタジオ使用料、食費など270万円を支払うようにと、ジャニー氏を訴えたのだ。

 元々は金銭トラブルを巡る裁判であったはずだが、公判ではジャニー氏のホモセクハラばかりが注目されることとなった。67年9月の公判では、すでに人気グループとなっていたジャニーズの4人が証人として出廷し、原告弁護士の質問責めにあうという、現在では、とてもあり得ない事態にまで発展していたのだ。

 そもそも、学院長がジャニー氏のホモ行為を知ったのは、メンバーのあおい輝彦の、「あんなことされて、僕の一生はおしまいです!」と訴えたのがきっかけだったという。しかし裁判で4人は「何のことか知りません」「覚えていません」と答えている。

 すでに人気アイドルである彼らが、とてもホモ行為の被害者であることなど、認められるはずはなかったのだ。ウソの証言をすることが最高の手段だと、彼らを説き伏せるジャニー氏の指示に従うしか、彼らに選択肢はなかったわけだ。この証言により、このときの裁判でジャニー氏のホモ行為が認定されることはなかった。

 こうして、4人が保身をはかったことで、ジャニー氏を野放しにし、その後、自分と同じような犠牲者を何人も増やすこととなってしまったことを、ジャニーズ解散から20年近くが経っていた89年の出版当時も、中谷氏は責任を感じ、苦悩し続けていることを明かしている。

今だからこそ言える、いや、言わなくてはならない。私は、裁判で嘘の証言をしてしまいました。私もジャニーズのみんなも全員ジャニーの犠牲者だったのです

 これがジャニーズの歴史のはじまりなのである。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ジャニー氏を野放しにしたのは自分だ」、苦悩する元ジャニーズの懺悔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! あおい輝彦ジャニーズフォーリーブス中谷良元ジャニーズ北公次新約・ジャニーズ暴露本真家ひろみ飯野おさみのニュースならサイゾーウーマンへ!