精神状態はもはや崖っぷち!?

失恋の痛手を負ったスーザン・ボイル、空港で「ビッチ!」と大暴れ

SusanBoyle.jpg
スーザンの口から「ビッチ!」なんて!

 エイプリール・フールの今月1日、49歳の誕生日を迎えた奇跡の歌姫スーザン・ボイル。当日、日本武道館で読売日本交響楽団とコラボした彼女は、会場を埋め尽くした8,000人の観客から祝福され大喜びしたそうだが、来年の誕生日は愛する人と2人きりで迎えたいと切望しているらしい。

 オーストラリアのTVインタビューで、相変わらずシングルでいることを指摘されたスーザンは、「探し続けているわ。私の王子さまは、いつかきっと現れるはずよ」と発言。「人生で最高な時を過ごしているから、焦っているわけじゃないけど」と付け加えたものの、来年迎える50歳という節目の年を意識しているのは明らかだったという。

 また、教会を通して出会い、想いを寄せていた66歳のスコットランド人男性に、思い切って愛を告白したものの、断わられたという話も披露。男やもめで、毎週日曜日は欠かさず教会へ通う熱心な信者である彼は、「君の父親になれるような年だよ。年寄り過ぎて、ふさわしくない」と、紳士的に諭すように語ったとのこと。なお、この男性は英「Mirror」の取材に対して、「私は1988年に妻を亡くしており、もう誰とも関係を結べるような年じゃない。スーザンも理解してくれて、最後は2人で大笑いしたものさ」とのコメントを寄せている。

 スーザンはインタビューで、一夜にして有名人になった戸惑いについても語り、「道を歩いているだけで、すぐに私だって気がつかれちゃうのよ」「最初のうちは、怖くて一人で出歩けなかったわ」と発言。しかし、「今でもバスに乗ってるわよ」と語り、泥棒騒ぎが起こった後も、基本的なライフスタイルを変えたくないという頑固な一面を見せていた。

 一方で、彼女の精神状態は崖っぷちの状態で、パーソナル・アシスタントを務めている姪のジョアン・クロフォードを激しく罵倒する姿が、ロンドンの空港で目撃されたとも報道されている。

 誕生日を過ごした日本から13時間の飛行時間を経てロンドンに到着し、疲労がピークに達していたスーザンは、最終目的地まで運んでくれるプライベート・ジェットが遅れていることを知り、バゲージ・クレームで爆発。来日中にいざこざが生じたというジョアンに対して、「チクショー!あたしゃ、早く家に帰りたいんだよ!」と怒鳴り、「ビッチ! ビッチ!」と罵倒しまくる姿を大勢の人に目撃されたそうだ。

 昨年末にリリースしたデビューアルバム「夢やぶれて」が記録的なヒットとなり、世界中から仕事のオファーを受けるなど、順風満帆に見えるスーザン。しかし、トップに登り詰めたセレブならではの苦しみ、そして独り身の孤独感を抱えているようである。

『こっそり使える恋愛心理術 』

スーザンも枯れ専なのね♪

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
スーザン・ボイル、自宅で泥棒と鉢合わせる!
スーザン・ボイルが学生時代に受けた虐待を告白
スーザン・ボイル、ファーストアルバムは”幻のアルバム”に!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー