「新約・ジャニーズ暴露本」第2回

11歳でジャニー氏の”洗礼”を受けたメンバーが綴る『ジャニーズの逆襲』

johnnysgyakusyu.jpg
『ジャニーズの逆襲』(データハウス)

――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。鉄壁のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々の ジャニーズ非公式本から探っていく。

 ジャニーズ事務所の発足は、芸能プロダクションではなく、少年野球チーム「ジャニーズ球団」であったことを、最近のファンはどのぐらい知っているのだろうか。1960年代のはじめ、代々木公園に集まる30名ほどの少年たちに野球のコーチをしていたのが、若き日のジャニー喜多川氏だったのである。ジャニーズアイドル第一号となった「ジャニーズ」は、この野球チームにいた4人の幼なじみ、飯野おさみ、あおい輝彦、中谷良、真家ひろみで結成されたものだった。

 61年、4人はジャニー氏に誘われて、当時大変な話題となっていた映画『ウエストサイド・ストーリー』を見て、いたく感動。「僕たちもダンスがしたい!」と盛り上がり、「ジャニーズ球団」から名前をとって「ジャニーズ」を名乗り始めたのだ。

 しかし、”ジャニーズアイドル第一号”となったジャニーズは、同時に、ジャニー氏からの”ホモセクハラ被害アイドル第一号”でもあったようだ。

 89年10月に発売された『ジャニーズの逆襲』(データハウス)は、前回紹介したフォーリーブス・北公次による暴露本『光GENJIへ』(同)の衝撃がまだ残る中で追撃発売された告発本。著者は「ジャニーズ」となっているが、4人による共著ではなく、メンバーの中谷良によるものだ。タイトル、著者名に「ジャニーズ」とあるのは、本来、「ジャニーズ」という名称は中谷氏ら4人のものであるという強い思い、またその名前を事務所名に使いながら、舞台裏では欲望の限りを貪り続けるジャニー氏への怒りが込められているのだという。

 この本の見所のひとつは、やはりジャニー氏によるホモセクハラの赤裸々な描写。中谷氏が、最初にその忌むべき洗礼を受けたのは、まだ野球チームの一員である11歳のときであったということに、読者として衝撃を受ける。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク