[連載]だから企業に聞いてみた

「セルフレジ」って、万引きとか犯罪につながりませんか? 

selfreji.jpg
Photo by Flickr from icoro.photos

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 スーパーに買い物に行くとよく見かける光景がある。「大行列」である。夕飯時などは4~5分待たされることもあり、ちょっとしたイライラが募ってくる。あの時間は何をすればいいのだろうか? 読書をするわけにもいかず、頭を空っぽにするしかないのか? あの時間は虚しい。

 さらに、ここ数年で急激に増えた「セルフレジ」である。行列ができているにも関わらず、誰かが使っているのを見たことがない。やはり「面倒くさい」の気持ちが勝ってしまうのだろう。それにしても、セルフレジとはお客さんを100%信頼したシステムである。万引き的や未成年が酒を買おうと思えば、いくらでもできる気がするのだが……。近所のスーパーでそんな事件は起きてほしくない! そこで大手スーパー「サミット」お客様サービス室に直接、聞いてみた。

「セルフレジが犯罪につながらないか、心配じゃないですか?」

担当者(女性) レジでは「アテンダント」という者が4台のレジに1名、必ずついております。

――1人で4台のレジを監視しているということですか?

担当者 そうですね、実はアテンダント用のレジがございまして、そちらのレジ画面を確認しながら、年齢確認商品などが登録されたことなどを確認させていただいています。

 そんな人がいたのか。全く気がつかなかった。万引きGメンならぬ、レジ専用Gメンとでも呼ぶべき存在である。

――ということは、万引きなどの犯罪は起こらないのですか?

担当者 起こりにくい、状況でございますね。

――セルフレジは、そもそもコスト削減で始めたものなのですか?

担当者 そういう理由もございますけど、お買い上げ品数が少ないお客様で、レジにお並びになる時、かなりお待ちになるという状況がありますよね。そういう買い物の数が少ない方には、セルフレジをご利用いただける、というのが目的となっております。

 そういうことだったのか。経費削減よりも、お客のことを考えてのことだったのか。それにしても、誰も使っていないような気がするのだが……。その主な理由は値段だと思う。「自分でレジをやっているのに同じ値段? だったらサービスを受けた方が得じゃないか!」そんな理由で少ない買い物でも有人レジを使う人は多いはずだ。そこで、こんな提案をしてみた。

――客の負担も考慮して、セルフレジを利用すれば、多少の割引にするというサービスをすれば、もっと利用者が増えると思うのですが。

担当者 その部分につきましては、当社におきましてはそういった考えはございません。

 きっぱりと断られてしまった。話を聞けば聞くほどセルフレジの存在価値がよく分からなくなってきてしまった。

――ちなみにセルフレジはどれくらい好評なんですか?

担当者 最初の頃は、まだセルフレジそのものが浸透しておりませんでしたので、あまりご利用のお客様がいらっしゃらなかったんですけども、今はイオン系さんのスーパーなどでもドンドン導入されておりますので、かなり浸透してきています。

――どうもありがとうございました。

担当者 はい、はい、はい! ありがとうございます!

 最後になってテンションが上がり「はい」を3連呼したのはかなりの謎だが、セルフレジが発展途上なことは分かった。今度から、ちょっとした買い物はセルフレジを使ってみよう。適度な手の運動になりそうだ。

「セルフレジは健康に良い」

 スケール感ゼロのダイナミックな結論がいきなり生まれてしまった。すみません。

 引き続き、皆さんの素朴なギモンを募集中です。ディープでインパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

『誰も教えてくれなかったスーパーマーケット買い物裏ワザ (単行本)』

うちの地方じゃセルフレジ大人気っす。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
どうして、単行本と同じように文庫本に紐のしおりをつけないのですか?
ノートパソコンのバッテリーの持ち時間って、表示より短くないですか?
モンドセレクションって、どのくらい権威のある賞なんですか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー