[ジャニーズ最新言行録]

滝沢秀明、オトコばかりの稽古場に「楽しい現場です」と大満足

takkik----.jpg
タッキーは大衆演劇が向いてるかも

 3月29日に28歳の誕生日を迎えた滝沢秀明。現在は、4月4日に開幕を控えた舞台『滝沢歌舞伎』の稽古に没頭している彼が、舞台の裏話と誕生日を迎えるにあたっての思いを、自身のラジオ『滝沢電波城』(ニッポン放送)で明かしてくれた。

 これまで数多くの主演舞台をこなしてきた滝沢だが、今回は初めて演出も担当。本来ならば、1カ月ほど前からセリフや振り付けを覚えるなど「演じる」側の作業に没頭できるはずだが、本作に関してはスタッフとの打ち合わせや、他の出演者の指示に追われていたため、ようやくここに来て覚える作業に入ったところだという。

「みんなと比べると稽古時間が半分ぐらいなんで、かなり遅れてるんですよね。本番始まったころに、一人だけ覚えてないヤツがいるってね、感じに見られちゃうんじゃないかと思うと不安ですね(笑)」

 と笑いとばす滝沢だが、これだけ大きな規模の舞台で、演出かつ主演を担当するのは並大抵の苦労ではないようだ。しかし……、

「いつもはね、社長が演出をやるので、本番ギリギリで大変更が起きたりってことが必ずあったんですが、今回はボクが演出なので多分ないだろうってことで、ひとつひとつ丁寧に作ってます」

 なんて裏事情もポロリ。気まぐれでサプライズが大好きなジャニー喜多川社長に翻弄(?)される可能性がない分、ある意味では安心して初日を迎えることができそうだ。 

 ちなみに今回の舞台の出演者はすべて男性。稽古場は「男のにおい」で溢れかえり「誰かがミスをしたら音を止めてワーって盛り上がったり、帰り際もワーって帰ったり、ご飯食べにいったり、本当に楽しい現場です」とのこと。根っからの兄貴肌で、後輩に慕われる滝沢は良い空気を現場でも作り出せているようだ。

 28歳を迎えるにあたり「早いですね28歳。でもいつもと変わらず、楽しく、いつまでも少年の心を持っていきたいなと思います。28才だからこそできる”愛の戦士TAKIレンジャー”(※コンサートで登場する滝沢のキャラクターのひとつ)とかね、若い時には逆にできないものもありますから(中略)28歳の滝沢秀明をこれからも見守ってほしいな、と思いますのでよろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送った滝沢。13歳でJr.入りしてから早15年。30代を目前に「演出」という新たな仕事にチャレンジする今回の舞台が成功することを祈りたい。

『新春 滝沢革命【初回生産限定】(ジャケットA) [DVD]』

ニッキ(錦織)ファンもマストバイ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
滝沢秀明が山下智久に、大人のテクニック「パンパン」を伝授!?
滝沢秀明がドン・キホーテで入手したオトナのアイテムとは?
タッキー&翼ついにコンビ解消か!? ユニット活動が白紙状態に!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  19. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!