[ジャニーズ・メディアの裏側]

低視聴率王子・亀梨和也が1位! 日刊スポーツ・ドラマグランプリの謎

kamenasikazuya03.jpg
亀ちゃんヤッタね!

 09年度「第13回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」の冬ドラマ選考で、亀梨和也主演『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)が、作品賞、主演男優賞、助演女優賞の3部門で1位を獲得した。

 『ヤマトナデシコ~』といえば、初回こそ視聴率12.1%をマークしたものの、その後は1ケタ台と低迷している作品。毎週ビデオリサーチが発表する高世帯視聴率番組ドラマ部門10作品の中にも、初回以外は入った試しがない。まったく不可解な結果である。

「それはこの賞が、日刊スポーツのウェブサイトや携帯サイトの一般投票をもとに選考しているからでしょう。ジャニーズファンが自分のブログなどで呼びかけて、熱心に投票しているんですよ。組織票が露骨すぎて形骸化したベストジーニスト賞と同じようなものです」(芸能記者)

 実際、今回の作品賞と主演男優賞は、上位5作品のうち4作品がジャニーズタレントがらみ。また、秋ドラマ選考では相葉雅紀主演『マイガール』(テレビ朝日系)が3部門を獲得、夏ドラマ選考では山下智久主演『ブザービート~崖っぷちのヒーロー~』(フジテレビ系)が4部門を獲得するなど、毎回ジャニーズ勢が独占。最終的に年間決戦投票が行われるのだが、こちらも歴代主演男優賞は大野智、赤西仁、二宮和也、山下智久、滝沢秀明……とジャニーズばかりだ。

「日刊スポーツでは毎週土曜日『Saturdayジャニーズ』という連載コーナーを設けていて、Kis-My-Ft.2や風間俊介、長谷川純など、一般的にはほとんど知名度がないジャニーズJr.の子たちに2/3ページも割いています。いかに両者が”仲良し”なのかがわかりますよね。この賞も、ジャニーズとの”コミュニケーションツール”の一つなのかもしれません」(事情通)

 本当にいい作品、人気のある作品が全く評価されないおかしな「ドラマグランプリ」。今月23日からは年間決戦投票が開始される予定だ。

『KAT-TUN 2010.4-2011.3 オフィシャルカレンダー (講談社カレンダー) (カレンダー)』

みんなちゃんと買った?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
月9主演の木村拓哉、「ガキみたいな恋愛ドラマだったら寒いですよね」
ジャニーズなのに主演ドラマがまったく話題にならないNEWS加藤成亮
コケる理由がないのに……山田涼介の初主演ドラマが低視聴率続き

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク