華やかな世界の舞台裏はやっぱり大変!

絶好調の東京ガールズコレクション、ブランド側は「TGCに出るだけだったら大赤字」

TGC2.jpg
東京ガールズコレクション公式HPより

 横浜アリーナで本日開催中の、10回目となる『東京ガールズコレクション』(以下、TGC)。佐々木希や西山茉希、山田優などの人気モデルが勢揃いすることで話題のファッションショーである。「日本のリアル・クローズ(現実性のある服)を世界へ」をテーマにしているため、外務省や国土交通省が後援、NHK BS放送でも本日午後8時から3時間半に渡って放送という、単なるファッションショーとは異なる趣向が、このTGCの最大のウリである。

「もうひとつのウリとして、会場やインターネットでショーの様子を常に配信していて、その場でモデルが身に着けていた洋服などを携帯サイトやインターネットサイトを通して買うことができるんです」(ファッション誌関係者)

 いわゆる、”リアル通販”なのだが、これには少々問題があるようだ。参加するブランドのプレスが声を潜めて話す。

「実は、あの携帯サイトって、ブランド側はほとんど儲かってないんですよ。というか、ほとんど使用してる人がいないんです。もちろん、見てる人がいないって訳じゃないんですが、次々と有名モデルが登場してくると、みんなモデルばっかり見て、服には注目しないんですよ。後日、店頭で『TGCに出た服です』って看板を掲げたいがために、高い協賛金を払って出ているんです。正直、TGCに出るだけだったら大赤字ですよ。その後の売上でトントンになるか、ちょい赤くらいですかね。これ以上、協賛金が上がるなら参加を考えないといけないですね」

 回を重ねるにつれ、来場者もTGCに出るブランドの数も年々増加している。

「来場者は、第1回が延べ1万2,600人だったのに対し、前回は2万3,100人と、ほぼ2倍になっているんです。ただ、協賛金が1億5,000万円や6,000万円とかなり高額ですし、チケット代も5,000~7,500円と高めに設定されています。ファッションショーというよりは、ビジネスですね」(スタイリスト)

 さらには、こんな話も関係者から聞こえている。

「実は、ショーに参加するモデルたちは、朝6時くらいに全員同じ場所に集合させられるんです。普通のファッション誌の撮影のときは、各自がタクシーでスタジオまで来て、それを出版社に請求する形ですが、TGCはそれすらケチって、全員で1台の大型バスで会場まで行くんです。みんな、『どれだけケチるんだ!』って文句を言ってますよ」(芸能プロ関係者)

 チケットはプレミア化し、ダフ屋まで出る始末。単なるファッションショーではないところが魅力のTGCだが、その路線の先にあるものはショービジネスなのだろうか。

『TOKYO GIRLS COLLECTION 10th Anniversary Runway Anthem(初回限定盤) [Limited Edition]』

これ聞きながらキャットウォークでデルモ気分~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
イモトも出場したTGCに、サイゾーウーマンは入れてもらえず!
モデル社会にマリエも辟易? 業界別”オトナの女”の世渡り術とは
梨花もいろいろあったけど……人気モデルの恋愛事情

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク