「新約・ジャニーズ暴露本」第1回

ジャニー喜多川氏との恋人関係を明かした衝撃作『光GENJIへ』

hikarugenji.jpg
『光GENJIへ』(データハウス)

――芸能界を牛耳る巨大アイドル帝国・ジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長率いる、この帝国からは数々のスターが誕生した。郷ひろみ、近藤真彦、田原俊彦、少年隊、光GENJI、SMAP、そして嵐――。しかし、この帝国の内政が語られることは決してない。鉄壁のベールに包まれた帝国の光と闇を、数々のジャニーズ非公式本から探っていく。

 1988年12月に出版された『光GENJIへ』(データハウス)という一冊の本がある。

 著者は、68年にレコードデビューを果たし、70年から7年連続NHK紅白歌合戦への出場を果たした、ジャニーズ事務所の人気グループ「フォーリーブス」の元メンバ−・北公次。 その内容は、ジャニー喜多川との出会いと、彼から受けたいき過ぎた寵愛、さらには覚せい剤地獄という転落人生……。

 元トップアイドルが、華やかな活躍の裏にあった真実を、ありのままに綴った同書は、当時、大変な話題となりベストセラーとなったのだ。なかでも衝撃的だったのは、ジャニー氏によるホモセクハラの一部始終が明かされたことだった。

 とにかく、その描写の生々しさたるや、すさまじかった。

ジャニーさんは勃起したおれのペニスを口に含み、音を立ててしゃぶっていく。微妙な舌と唇の動きでたちまちのうちにおれはジャニーさんの口の中に射精すると、そのままジャニーさんは飲み込んでいく—-

 日劇ウエスタンカーニバルに出演するジャニーズを観に行ったときに、ジャニー氏にスカウトされ、ジャニーズの付き人になった北は、すぐに彼らとの共同生活をはじめるのだが、それは同時に、ジャニー氏とのホモ行為に悩まされる日々のはじまりでもあったという。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク