今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

米倉涼子の『交渉人』の宣伝に駆り出された大物外タレ

yonekuraryouko01.jpg
涼子さんは、この件についてどうお考え?

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎製作費用は桁違い
 「日曜劇場・米倉涼子主演”交渉人THE MOVIE”公開スペシャル『交渉人』(1998年アメリカ)」には笑わせてもらった。タイトルが同じというただそれだけの理由で宣伝に使うとは。サミュエル・L・ジャクソンに訴えられるぞ。

◎確信犯
 五輪閉会式、出演していた歌手を「アグリル・ラビーン」と字幕で紹介。キム・ヨナのショートプログラムの曲「007」を「ゼロゼロセブン」と読み上げる。「アヴリル・ラヴィーン」に「ダブルオーセブン」だろが! ホントNHKって……。

◎チリのパブリックイメージ
 チリ大地震。チリといって思い出すのは、あの青森の公社の巨額横領事件で話題になったアニータさんである。彼女の建てた件の豪邸は、地震でどうなったのか気になるところだ。全く無事ならそれはそれで白けるし、全壊しててもまた虚しい。どっちにしてもホント、あれは虚しい話だったよなあ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
YOSHIKIの本質が現れた、横綱・白鵬の結婚披露宴
アンタッチャブル・柴田の休養問題、絡んでいたのはやっぱりアノ人!
サッカー・岡田武史監督が行っている不必要なモデルチェンジとは……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク