[TVツッコミ道場]

『ちい散歩』の世界を根底から台無しに? 寺門ジモンの食通イズム

jimon.jpg
『寺門ジモン 降臨! 肉の神様(自称)
疑う前に食べなさい』/エイ出版社

 今回ツッコませていただくのは、『ちい散歩』(テレビ朝日系)に出てきた寺門ジモン。

 1月8日より「いいものさがし ちい散歩くらぶ」の姉妹編として、金曜に「いいもの探し 寺門ジモンのウマすぎて御免」というコーナーが登場しているのだが、冒頭で『ちい散歩』おなじみの静かでのんびりしたナレーションが、いつになく妙なことを言う。

「子どもの頃、美味しいもの食べたさに、お母さんの料理が気に入らず、家出もしたことがあるという、生まれながらの食通・寺門ジモンさん」

 これって美談!? ジモンは確かに食通なのだろうし、彼の紹介するものは、そりゃあまあ本当に美味しいのだろうけれど、そこはぜひお母さんにはキッパリ言ってほしかった。

「ガタガタ言わずに、さっさと食え!」と。

 ウンチクをうるさく語らず、こだわらず、グルメを追求したりしないのが、『ちい散歩』の良いところではないだろうか。

 こだわり抜いた食材や、贅を尽くした料理よりも、揚げたてのコロッケを歩きながら食べるリアルな美味さ。

 「かぁ~うまいね、こりゃ」「アリだな」

 江戸っ子のような喋りで、率直な感想を言うちいちいには、うっかり「一口くれ」と言いたくなってしまうが、ジモンのウンチクには「もういいから早く食わせてくれよ」と言いたくなる。

 ジモンの「ウマいモノ」感と、ちいちいのソレって、根底からだいぶズレがある。

 ところで、皮肉なことに、2月26日放送分では、このコーナーの終了後、再放送として流れたコーナー「昭和の風景を求めて 懐かしい味・鯨」に登場した料理人が、ジモンスタイルと真逆の発言をしていた。

「食べないってのはありませんでしたね。だって、昔は食べないと、オヤジにぶん殴られたでしょう。残すってことはあり得ないんだから」

「そうそう」と深く頷くちいちい。

 ジモンのコーナーは、『ちい散歩』の軒を借り、結局、番組で紹介した食品の通販につなげていくビジネスとして必要なのだろうけれど、ちいイズムとは方向性がまるで違う。

 ダチョウ倶楽部でも1人だけなんだか違うし、『ちい散歩』でもなんだか違うジモン。それでも、「食べるために生きる男」「生まれながらの食通」の彼にとっては、そんなことどうでも良いのかもしれません。
(田幸和歌子)

『寺門ジモン 降臨! 肉の神様(自称) 疑う前に食べなさい (Lightning Books) 単行本』

コロッケでも肉でもいいよ、うまいもんが食べたい

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
小走り、絶叫、土手遊び.地井武男、散歩中の悪ふざけが進行中
V6・長野博、今田耕司に「結婚できなさそう」とツッコまれる
桜塚やっくん、自称妖怪・美川の”太鼓持ち”として再生!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー