[TVツッコミ道場]

『徹子の部屋』35年目で初挑戦! ”芸人キラー”徹子の大喜利

tetsukobighair.jpg
35年を経てますます舌好調な徹子さん

 祝、35年目突入!! である。

 1976年の放送開始以来、昼下がりのお茶の間を楽しませ続けてきてくれた『徹子の部屋』(テレビ朝日系)が、放送35年目に突入するという。2月の第1週は「35年目突入ウィーク」ということで、いろんな形でその偉業を振り返る内容となった。

 月曜日は記念すべき放送第1回目のゲストだった故・森繁久彌を、貴重な出演回のVTRを交えながら偲ぶもので、水曜日は中村玉緒をゲストに、故・勝新太郎の思い出話。そして木・金曜日は大竹まことと一緒に34年間のゲスト名場面を振り返るといったもので、どの回もとても面白かったのだが、一番のメインともいえる、放送開始記念日にあたる2月2日火曜日のゲストが、なぜか「次長課長」。サブタイトルは、「次長課長と祝う 35年目突入記念日」となっている。……いや、全然いいんだけど、ラインナップ的に「なんで?」といった感じ。

 『徹子の部屋』での次長課長といえば、かつてポルノグラフィティの「アポロ」を歌いながらのタンバリン芸が徹子に「カワイ〜イ」と、大受けした挙げ句に何度もやらされ、最終的には曲抜きのタンバリンのみという、切ない状態でやらされることとなり、タンバリンのシャンシャンいう音だけが響き渡るという、大火傷を負ったことがあった。また、河本の貧乏話で徹子が悶絶するほど大笑いしてしまった後に、「私、ユニセフの親善大使やってるんだけど……」という名言を引き出したこともあった。そんな意味では、近年の「徹子の部屋芸人」の中では可愛がられているコンビだとは思うが。でも、なぜ次長課長?

 番組がスタートしてすぐ、その理由は判明した。次長課長の井上聡が、番組スタートと全く同じ年月日の「76年2月2日生まれ」だったのである。同じ「35年目突入」同士のご縁でゲスト出演ということになったわけだ。

 ということで、「35年目」の2人を通常のゲスト側の席に座らせ、徹子の位置には河本が座るという布陣で番組が進む。……のだが、そこは徹子さん、一筋縄ではいかない。

「なんで私がここに座ってるのか、全然見当がつかない。ハッキリ言って!」

 と、早々にその座り位置にからむ。河本も、突然の攻撃に、

「なんで急にちょっと……キレてるんですか?」

 ややうろたえながらも、「今日は”準一の部屋”でということで」と切り出す。すると、

「アナタ、ジュンイチさんとおっしゃるんですか!?」

 ……何度もゲストで来て紹介してるじゃねーか。「準一の部屋」として仕切るはずが、結局「徹子の監獄」(命名・ゴリ)状態に突入。「どうぞおやりください」と、丸裸で放り出されるような感じにされたり、河本が「特に芸人さんには厳しいという、もっぱらの評判でございますけども」とフれば、徹子は「厳しくはないです。ただ面白きゃいいんです」と返し、またグイグイハードルが上がっていく。

 そんな会話を交えながら番組は進み、今回はなんと、徹子が大喜利に初挑戦してくれるという。お題は、コレ。

「黒柳徹子が漫才コンビを組むとしたら その相手とコンビ名は?」

 まず井上の回答は、「もうすぐベスト10」。相方は久米宏。まあ、微妙なリアクションであったことは、言うまでもなさそうな答えではある。そして、徹子の書いた答えがコレ。

「ヒロシとテツコの毒まんじゅう」

  なんだそれ!? 「どうも〜。ヒロシでーす、テツコでーす、ザ・毒まんじゅうでーす」って感じでの登場なのか。やはり相方は久米宏なのである。どんなコンビなのかというと、徹子曰く、「ボケツッコミとかいうのではなく、ひたすらしゃべり倒す感じ」のコンビらしい。『ザ・ベストテン』(TBS系)のイメージのようだ。しかしこの「毒まんじゅう」、あまりにもすごいセンスに、次長課長もしばし悶絶するばかり。番組とは関係ないけど、河本が時折やる「ケケケケ……」という高い声での爆笑、アレにどことなく「媚び」を感じてしまうのは自分だけだろうか。さて、次のお題。

「黒柳徹子の『玉ねぎヘアー』を新しく変えるとしたら?」

 河本の回答は「玉サラヘアー」。トレードマークでもあるタマネギをサラダ状態にして、それを頭の上にのっけると。すると、「髪の毛を鳥の巣のように編み込んで、そこにサラダボウルをのせることは可能だと思います」と、徹子が真面目に考察してくれ、河本のボケ撃沈。

 井上は、「ネギマヘアー」。頭の上に焼き鳥が。しかしこの渾身のボケ回答も、「おネギと、何が間に入ってるんですか?」。ネギマそのものを知らなかったという、まさかのはずし方で、井上のボケも消滅。35年目に突入しても、「芸人キラー」としての仕事はキッチリやり遂げた感である。

 最後、井上が「ワゴン車のドアの開閉音のものまね」を無意味に披露したら、お返しに「コッケコッコー!」と、ニワトリの鳴き声を高らかにやり、その余韻とともにエンディングに突入。

 ……35年目も、圧倒的な徹子さんを楽しめそうです。
(太田サトル)

『トットちゃんの万華鏡 -評伝 黒柳徹子- (単行本)』

まさに万華鏡の言葉選び

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
芸人キラー徹子、新挑戦者のアンタに猛ラッシュ……そして奇声
リアル「神々の遊び」? ハイレベルすぎる徹子&光子トーク
「カーナビ持って走れ」 徹子のむちゃぶりに、間寛平惨敗

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!