背後にはあの大手事務所の影が!

西山茉希が「CanCam」を卒業した本当の理由とは?

cancam1003.jpg
西山の卒業号となった、「CanCam」3月号/小学館

 ポスト・エビちゃんとして女性ファッション誌「CanCam」(小学館)のメインモデルを務めていた西山茉希が、現在発売されている3月号での卒業を発表した。2月号で何の前触れもなく”卒業宣言”をしたのち、1カ月後には”完全卒業”という異例のスピードに、女性ファッション誌や週刊誌界隈でも何かしらの事情があるのではとささやかれていた。

「『CanCam』は、蛯原友里と押切もえが卒業した後、山田優と西山茉希が2トップとして雑誌を牽引していました。その山田も同誌を卒業し、今年中には結婚して雑誌モデルから引退するのでは、と言われている最中に西山の”卒業”発表ですからね。西山も電撃結婚でもするのかと思いましたよ」(スタイリスト)

 西山といえば、08年にKAT-TUNの赤西仁とフライデーされて話題になったが、この時が初スキャンダルであり、それ以降、男性との浮いた話はない。とすると、赤西との間に何かあったのか?

「交際発覚当時は、赤西と同じ指輪やネックレスを着用した写真をブログに載せたりと、赤西のファンを挑発するようなことばかりしてました。公には破局したことは報道されていませんが、赤西は彼女のことを『ウザイ女!』と言って着信拒否をしているそうですよ」(女性週刊誌記者)

 どうやら赤西と何かがあったわけではなさそうだ。となると、一体何があって今回の卒業となったのだろうか。編集部関係者が声を潜めて話す。

「実は、エビちゃん、もえちゃん、山田優の所属事務所は同じケイダッシュ系列なんです。そこで、ケイダッシュ側が、西山を事務所に引き抜こうとしたんですよ。西山の事務所は、『オフィスエムアンドビー』という西山で持ってるような弱小事務所で、西山を引き抜かれると事務所が崩壊してしまう。それを知った西山の事務所が、編集部に『堂々と引き抜き工作をかける事務所がいる雑誌には出せない!』と言ってきたんです。弱小事務所からすれば、引き抜きを仕掛けたケイダッシュには直接文句は言えないので、編集部に言ったのでしょうが、編集部としては、これまでのお付き合いからケイダッシュの肩も持たなくてはいけなくて……」

 いずれにせよ、一番迷惑を被ったのは西山自身ということのようだ。

『山田優 Photo&エッセイ集 yu』

勝ち組は寿引退に向けてまい進中

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
西山茉希の卒業と入れ替わりで登場! あの事務所の大型新人モデル
赤西仁の彼女・西山茉希が思わせぶりなブログで赤西ファンを挑発中
赤西仁の彼女(!?)の西山茉希がまたお騒がせ、今度は錦戸亮の……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに