教えてドクター! やっぱり整形しかないの?

“アイプチ”経年利用で二重になる人ならない人、まぶたの違いは何!?

hukuwarai2.jpg
Photo by flickr from Kida Yasuo

 現代の女性にとって、「一重まぶた」は結構ツライ。メディアに登場する女優やモデルはだいたい二重だし、一般社会で美人と持て囃される女性も二重が多い……と、なんだか”一重=残念”といわんばかりの風潮だ。「平安時代に生まれていれば……」と嘆き、二重に憧れている一重女性は、さぞかし多いことだろう。

 そんなハンディな一重まぶたを一時的に二重にしてくれるのが、「アイプチ」や「アイテープ」などの二重まぶた形成化粧品。これを使えば憧れのパッチリ二重になれる上、「アイプチを使い続けているうちに、二重が定着した」と”脱・一重”を実現した女性も多い。中には定着させたいがために、「アイプチで二重にしたまま寝ていた」なんて人もいるほど。

 しかし、一方ではどんなに長期間アイプチを使い続けても、二重が定着しない人もいる。事実、筆者も昼夜問わずアイプチを使い、目が半開きの状態で睡眠を取る日々を重ねたものの、まぶたが荒れただけで終わった……という悲しい思い出がある。アイプチで二重が定着する人としない人では、まぶたにどんな違いがあるのだろう? 美容整形外科「ノエル銀座クリニック」の保志名勝院長に伺ってみた。

「”二重=皺のようなもの”と勘違いされている方も多いのですが、そもそも二重とは、まぶたの中にある筋肉の枝のような組織によって作られています。その組織は、アイプチを何年も使い続けたところで、生まれてくるものではありません。アイプチで二重が定着した方は、もともとその組織がまぶたの中にあったということ。よく『子どものときは一重だったけど、成長したら二重になった』という方がいらっしゃいますが、それも同様です」(保志名勝院長)

 なるほど。つまり、二重の組織がない人がいくらアイプチで頑張ってもムダ、ということか……。そんな厳しい現実があるとは知らず、若かりし頃の筆者のように、アイプチを使い続けてまぶたが荒れちゃっている女性も多いはず。そこで、”荒れたまぶたの対処法”についても聞いてみた。

「アイプチの使用を即座に中止して、病院で『ネオメドロール眼軟膏』など目に入っても大丈夫な軟膏を処方してもらいましょう。乾燥が気になるときは保湿クリームをつけると良いですが、まぶたは皮膚が薄いので、刺激の少ないものを選ぶようにしてください」(同)

 一重の人も、二重の人も、まぶたのケアを行うときは眼球に刺激を与えないように要注意!
(アボンヌ安田)

・保志名勝(ほしな・まさる)
ノエル銀座クリニック」院長。美容整形の草分け的存在である十仁病院の副院長を経て、この道27年以上の”美容外科界のカリスマドクター”。 「日本美容外科学会理事」「日本美容外科医師会理事」「日本美容外科学会専門医」の3つを併せ持つ、日本唯一の美容外科医でもある。

ヴィヴィッドアイム(二重まぶた化粧品) トライアル1.2ml

脂肪でまぶたが埋まっちゃう人にも

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
アイシャドウがコントロールカラーに! 化粧品を使い切る裏ワザ
足の裏が驚きのズルむけ!  話題の角質ケアに迫る!
麻呂眉ガールに朗報! リキッドアイライナーで「消えない眉」を作る

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!