[女性誌速攻レビュー]「an・an」1月27日号

「櫻井翔のヌード」はフェイク! 「an・an」でひっそりとヘアヌード解禁

anan100127.jpg
「an・an」1月27日号/マガジンハウス

 今週の「an・an」は、嵐・櫻井翔が脱いだ! と話題の「オトコノカラダ」特集。コンビニ、キオスクともにかなりの冊数が積まれてるのを目にしましたが、売れ行きは好調なのでしょうか。それでは、今号のトピックスからチェックしましょう。

<トピックス>
◎女性写真家×U-21男子セッション
◎妄撮男子
◎徹底分析!好きな体型ランキング

■櫻井翔の新たな魅力が開花?

 いい体をしたジャニーズタレントといえば、東山紀之、滝沢秀明、山下智久、など有名どころが控える中で、まさかの”知性担当”櫻井がセミヌードで登場。とりあえず、脱いだ写真を見てみると、ジャニーズタレントの平均より鍛えられたカラダで、まさに”努力の賜”的な優等生ボディ。でも、やっぱり櫻井が選ばれた理由がわからない! とインタビューに目を走らせるも、「意外性を楽しんでもらうのも僕らの大切な仕事だから、驚いてもらえたのなら嬉しいです」とのこと。確かに驚いたけど(内容のなさに)、それだけでいいの? もっとファンを獲得したい、とかないのかしら? 翔くん、もっと野望を持って! と何だか無駄にエールを送りたくなってしまうほど、ザ・優等生なボディ&インタビューでした。やっぱり、漂う色香やセクシーさは野性味ある不良じゃないと出せませんね。

■ページが進むごとに、笑いの対象に!?

 まだまだ続く、「オトコノカラダ」特集。櫻井翔に引き続き、バスケットボールの五十嵐圭選手、ハンドボールの宮崎大輔選手など各スポーツのイケメンの体を拝ませてくれた、「アスリートのカラダ」企画も登場。こちらは「見せるための筋肉」じゃない、アンバランスなほどの本物の筋肉が逆に官能的。

 ところが、さらに続いた「萌えるカラダは8タイプ!? 好きな体型ランキング」では、打って変わっておふざけ感が徐々に顔を出してきました。細マッチョ代表の品川庄司・庄司智春はボクサーパンツで登場するもアソコを盛ってるし、貧乏がゆえに育たなかっただけのNONSTYLE・石田明を「スリムくん」呼ばわり。「デコピン」しただけで粉砕骨折する人は、「スリムくん」では済まされない域だと思うけど。

 さらには今週号のウリ「妄撮男子」でも、ちょっとおかしな雰囲気に。「妄撮」を改めて説明しますと、男性誌のグラビアが発祥で、ベースに洋服を着ている写真があり、胸元やお尻などの部位にびりびりに破ったようなデザインを施し、下着を付けた姿などが織り込まれている写真のこと。要は「この子、どんな下着をつけてるんだろ」という男子の欲望を忠実に再現したグラビアなんです。

 それが今回、「an・an」で男子版を作ったというから、女性誌界隈の編集者からはかなりの期待が込められていました。ところが、びりびりに切り取られた部分がかなり微妙。花屋で働く男のお腹(しかもガリガリ)、オフィスで電話を受けるサラリーマンの乳首&お腹(ちょいぽちゃ)、バーテンダーのお腹(腹筋のラインが一切見えない)など、セクシーポイントとはかけ離れた部分をあえて切り取っているようです。微妙に”笑わせ”に走っているように見えるのは気のせい?

■形を変えたセックス特集だと判明!

 1色ページでもまだまだ「オトコノカラダ」を語りたい、「an・an」。「読者アンケートで本音が続々!?『私、男のカラダのココが好き!』」から次第に様相が変わってきます。まずは「パーツ」編として、「異性のカラダの筋肉で好きな部分はどこですか?」「異性のカラダのどこに生えている毛が好きですか?」など軽めの質問と読者の返答が紹介。次ページでは「パーツ編」として、「どんな肌の感触が好きですか?」「どんな肉質の男性が好きなんですか?」と、感覚に訴える質問で性欲を喚起。とどめの「エッチ編」では、「セックス時に好きな男性のしぐさを教えてください」という質問に帰って来た、セキララな返答を大胆に紹介。

「おっぱいに顔をうずめてきたときの彼の頭頂部」
「騎乗位のとき、私のお尻を掴む指先」
「彼が先にイキそうになって、それをこらえるために動きを止めたときの首筋」

 など、官能小説ばりの素晴らしいお答えを掲載しています。今週号は「女性写真家×U-21男子セッション」なんてオシャレな写真を載せつつも、やっぱり真髄はこの「エッチ編」にあったのだと確信。体のいいセックス特集だったんだと改めて認識しました。まあ、もくじを見たときにはうすうす気付いてたけど、最後まで分かりたくなかったのに……。

■ほんとうにさりげなく、ヘアヌードを解禁

 今週号でもっとも衝撃的だったのは、見落としてしまいそうなわずか1ページの新連載「オトコノハダカ。」です。初回に登場したのは、劇作家で俳優の丸尾丸一郎。一問一答形式のアンケートが5問と、わずか330字のインタビューなのですが、「an・an」が見せたいのはその写真。メーンカットこそ、上半身裸の連載名どおりの写真なのですが、サブカットにアンダーヘアがチラリズム! 突然のヘア解禁に、なんの準備もしていなかったこちらが驚きました。明らかに確信犯ですが、そこを声高に言わないのが「an・an」のプライドということでしょうか。

■セックスに挟まれる長澤まさみ

 これまた目立たないけど、しっかりチェックしたいのが「誕生、長澤まさみ×4℃ コラボジュエリー」という広告記事。長澤まさみがプロデュースしたラインが発売になるらしいのですが、今までの長澤のポジションだったら、広告ページに登場なんて考えられない露出です。映画『曲がれ!スプーン』が大コケで、下げ止まりが効かないことを如実に表してます。しかも、セックスとヘアヌードに挟まれて……。これを見て、「平家物語」のかの有名な一節が、どこからともなく鳴り響いてきました。嗚呼、無常。

 ほかにも「韓流スターの体はなぜ美しいのか」「親切、ハンサム、ナイスバディ(はあと) イケメントレーナーに指導されたい」といった、「週刊女性」(主婦と生活社)、「女性自身」「美STORY」(ともに光文社)などに載っていてもおかしくない企画が盛りだくさん。20代女性をターゲットにしていた「an・an」も、若い世代がついて来ずに、とうとうその世代を取り込まなくてはいけないのでしょうか。今年の年末には、みのもんたが登場するんじゃないかと心配するほどの高齢化です。でもサイゾーウーマンだけは、読み続けますからね~!
(小島かほり)

『嵐 櫻井翔コンプリートお宝フォトファイル Omnis 』

キャスター姿での妄撮はアリだけど

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
40kg台!? 櫻井翔、役作りのための激やせにファンは心配
「an・an」にとって男性はモノ!? 赤西仁のラブショットに見る迷走ぶり
亀梨のギャランドゥと「下着を食いこませる」術で、女性のエロスを磨け!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク