相手女性が持ち込んだ!?

タイガーのSEXテープがアダルト界のドンの元へ! 流出の可能性は?

tigerwoods01.jpg
タイガーこそ紳士だと思っていたのに……

 昨年11月末に、フロリダの自宅近くで自損事故を起こしたことがきっかけで、ブロンド美女らと浮気を繰り返していたことが次々と発覚。不倫、離婚騒動で窮地に立たされている、男子プロゴルファーのタイガー・ウッズが、今度はSEXビデオテープ流出の危機にさらされているという。

 米「TMZ」によると、世界最大のアダルト映画制作会社ヴィヴィッド・エンターテインメントに、ある女性からタイガーのSEXビデオテープが持ち込まれたとのこと。2年前に撮影されたという問題のテープのうち「約30秒ほどを見た」というヴィヴィッド代表は、「タイガー本人であるかどうか確認を急いでいる」と語り、近日中に明らかにするとしている。

 もし、テープが本物であると確定された場合は「ぜひ、タイガーと交渉したい」と紳士的なコメントを出しているヴィヴィッド。だが、すでにタイガーの弁護士が「タイガーのヌード写真やビデオテープなどを流出させたら、誰であれ告訴する」との声明を出していること、タイガー本人の了解なしにビデオテープを市場に出すのは法的に無理であることから、陽の目を見ることはないのでは、と否定的な見解を示すメディアが少なくない。

 しかしヴィヴィッドのアダルト専門サイトでは、これまでに、ジミ・ヘンドリックス、パリス・ヒルトン、パメラ・アンダーソン、キム・カーダシアンら大物セレブのSEXビデオテープ配信を実現させているため、「可能性はゼロではない」と期待を寄せる声も多い。荒稼ぎできる業界であるため、もしタイガーがプロゴルファーとして復帰できなかった場合、数年後にひっそりと流出する可能性も「なきにしもあらず」ともされているが、その頃ではどれだけの価値がつくのか微妙なところである。

 なお、ヴィヴィッドはタイガーの愛人を主役とした告白系ポルノを制作することも検討しており、最高で100万ドル(約9,200万円)を支払うと、愛人たちに呼びかけている。また、愛人として発覚する前に、同社と契約しポルノ映画に出演した「タイガーの愛人8号」こと、ポルノ女優のホーリー・サンプソンの最新作『Screwed Over(何度も何度もハメられちゃった)』は、現地時間1月26日にリリースされるとのことだ。

『20世紀破天荒セレブ』

祝・タイガーも仲間入り!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
タイガー・ウッズ、二人の愛人が告白「彼はコンドームを使わなかった!」
“ポスト・パリス”ことキム・カーダシアンのエロすぎるCMが話題に!
セックス・テープ流出のパメラ・アンダーソンが、子どもに言い訳!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  19. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー