[連載]だから企業に聞いてみた

うまい棒のサラダ味は、もともとは野菜○○の味だった!!

umaibou01.jpg
「いろいろ味」って!!

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 前回、「うまい棒は、手が汚れないパッケージにならないんですか?」というギモンを、販売元のやおきんに直撃している最中、ふと味に関するギモンも頭をよぎった。私がうまい棒で一番好きな味「サラダ味」なのだが、あの味って、何味なの?

 「サラダ味」といっても、サラダにはたくさんの野菜があり、味付けだってドレッシングによって変わってくる。すべてのサラダを融合させた味なのか? それとも、日本人が考えるサラダ感の無意識化の集合体となる抽象的な味なのだろうか? もはや、うまい棒を考えるだけで、哲学になってきた。うーん、気になる。というわけで、株式会社やおきんに再び聞いてみた。

「うまい棒のサラダ味って、つまりは何味なんですか?」

担当者 最初にサラダ味が誕生した時は、「野菜ジュース」の味だったんですよ。

 おい。それなら、「野菜ジュース味」ではないか。「野菜ジュース=サラダ」って、ちょっと強引なネーミングである。まあ、名前に関しては置いておこう。問題は味だ。野菜ジュースを元にしているにしては、「サラダ味」は塩辛い気がするのだが……。

担当者 その当時は、強烈な野菜そのまんまの味だったものですから、食べやすく味を付けた形にしていったんですね。

 なるほど。「サラダ味」も進化してきているのか。「発売当初のサラダ味は、強烈な野菜そのまんまの味だった」。って、どんな味だよ。いらない雑学である。ちょっと食べてみたい気もするから不思議ではあるが。

 試行錯誤の上、現在の味が出来上がったのは分かる。どのように今の「サラダ味」に辿り着いたのだろうか?

担当者 そうですね~。最初は、本当に渋い味でした。野菜ジュースを、そのまま飲んだような味で本格的に作りましたが失敗でした。そこにちょっと甘み入れて食べやすく作ったのが現在の「サラダ味」ですね。

 ギモンは一気に解決した。正確に記すと、うまい棒の「サラダ味」は「野菜ジュースを甘くして食べやすくした味」なのである。それを簡略化して「サラダ味」としているのだ。納得……できない。

 実は、最初に私が思っていたのは「サラダ味はサラダ油と関連しているのでは?」ということだった。長年、食べ続けていたが、ぼんやりと、サラダ油に塩味をまぶしたイメージを持っていた。サラダ油は、「サラダ味」に使われているのだろうか?

担当者 ええ、使っていますよ。

――それは「サラダ味」のネーミングに関係あるのですか?

担当者 いえ、それは関係ないです。

 即答で、関係なかった。サラダ油は使っているが関係なかった。甘かった。”味”も”考え”も甘かった。(うま……くない!)

 引き続き、皆さんの素朴なギモンを募集中です。携帯コンテンツならではのディープでインパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

【関連記事】 うまい棒は手が汚れないパッケージにならないんですか?
【関連記事】 コンビニで立ち読みできない…… 雑誌を紐でくくる基準は何ですか?
【関連記事】 永谷園の”アッコさん人形”、正しい使い方を教えてほしいのですが……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!