[連載]亀井百合子の「オシャレな女に憧れて」

深読みするほどキレイになれない……勝間和代の「キレイが勝ち」

katumabon.jpg
『結局、女はキレイが勝ち。』(マガジンハウス)

 勝間和代の『結局、女はキレイが勝ち。』(マガジンハウス)がネットで話題になった。あの勝間和代がキレイになるためのノウハウを伝授するという本だ。とはいえ、最初のページで「キレイ」の定義を「外見だけでなく、内面もキレイであることを指します」としており、タイトルから美容本を期待すると裏切られる(勝間に美容法を教えられても困るが)。むしろ読めば黄体ホルモンが左脳からわいてくるような、女性の美とはほど遠い、案の定といえば案の定な勝間本である。

 その上「50平方メートルのスイートは1泊5万円、結婚して50平方メートルの家に住めば家賃12万円で、2晩半で元が取れてしまう」から「誰かとホテルに行くより結婚」といった、”ネタ”ではないかと思われる箇所も多い。ネタに関してつついても仕方がないので、そこはあえて触れないことにする。となると触れられるところはほとんどないのだが、かろうじて「これはもっともだ」と感じた一文があったのでご紹介したい。

 20代後半で結婚可能なパートナーがいる人は、『他にいい人がいるかも』などと思わず、目の前の相手で手を打った方がいい

 これは確かに当たってる気がする。何人かのアラフォー友人は”もっといい人”を探し続けて独身生活を続けている。最近、彼女たちは「この際、結婚しなくてもいいから子どもがほしい」と言い始めた。勝間によれば、女性は35歳を過ぎると可妊力が下がるので、「30歳前後で妊娠・出産というライフプランで結婚を考えていくほうがいい」という。人生、自分の思った通りにコトを運ぶためには、妥協も計算も必要だろう。

 だが、ふと疑問に思う。”手を打った”相手と結婚して子どもを産んで思い通りになって、それで幸せなの?

 よくよくタイトルを見る。「結局、女はキレイが勝ち。」と書いてある。そう、「勝ち」なのである。「モテる」でも「愛される」でも「幸せになれる」でもなく、そういうことも含めて、この本は”勝つ”ためのハウツー本なのである。

 ”勝つ”っていったいナニ? この本では「過去の自分に勝つという意味」だと書いてある。「過去の自分にサヨナラをしてキレイな自分になっていくと、とても幸せな暮らしや人生がやってくる」という。一方で「女性が幸せになる秘訣は専業主婦にならないこと」だとも書かれている。この本において幸せの定義ははっきりしている。子供がいて、仕事をバリバリしている女性である。なんだ、勝間じゃないか。自分で稼げれば勝間のようにバツ2シングルでも構わないもんな。

 要はこの本は「キレイ」というのはレトリックで、「結局、女は勝間が勝ち。」という本だったのだ!

 勝間本がこれほどまでもてはやされているのは、多くの人の中に「勝間=勝ち」という価値観が刷り込まれているからであろう。彼女の苦労話・成功話がどこまで本当かわからないが、現状では勝間でなければ負け、子どもがいなければ負け、仕事がなければ負け、金がなければ負け、努力しないやつは負け、成功しなければ負け、カツマーでなければ負け、バカバカしいと思ったら負け、勝ちたいと思わなければ負け、おまえは負け。そういうことである。

 勝手に深読みして無駄な闘争心と敗北感を煽られて、「勝」という字を「豚」と見間違えつつ、いやーな気分になったところで年が暮れてゆく。来年こそは”成功するために”勝間カツ代センセイの提唱する「三毒追放(妬まない、怒らない、愚痴らない)」を心がけようと、心にもないことを誓う。
(亀井百合子)

亀井百合子(かめい・ゆりこ)
1973年、東京都の隣の県生まれ。編集プロダクション勤務を経てフリーランスライターに。ファッション誌やカルチャー誌のライター、アパレルブランドのコピーライターとして活動中。

『結局、女はキレイが勝ち。』

概ね美人なんだけど、鼻がマイケルそっくりで好感。

amazon_associate_logo.jpg

【バックナンバー】
・男前・野口美佳社長に学ぶ、”女”を利用した都合のいい言い訳術
・出稼ぎセレブ・後藤久美子が新刊『ゴクミ』で神になった!?
・小林麻央は「清純」か!? あの市川海老蔵を落としたその処女性

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決