著名人が振り返る2009年ベスト3

辛酸なめ子の海外セレブゴシップ&セレブ体験ベスト3

Michael-small.jpg
MJ陰謀説が再熱

――2009年も残すところあとわずか。芸能界、政界をはじめ激動続きだったこの一年。個性豊かな著名人の方々に、今年を振り返ってもらいました! 

■今年の海外セレブゴシップベスト3

1位 マイケル・ジャクソンの死

 映画『THIS IS IT』を観て、マイケルの才能と人格の素晴らしさに感動。生命力とコンサートへのやる気に満ちていたので、亡くなったのが信じられません。平和とか環境保護を訴えすぎて、巨大利権に目をつけられ消されたような気が……。

2位 マドンナ離婚

 マドンナの浮気のせいとか、ストイックなカバラ的生活にガイ・リッチーが付いていけなかったとか、とにかくマドンナに原因があるようですが、何事も無かったかのように28歳年下のイケメンモデルと付き合っていてさすがです。

3位 ブリトニー・スピアーズがまともな彼氏と交際

 元夫ケビンはデブって家賃も払えない状態に……そんなダメ男との縁を完全に断ち切り、今はちゃんとした社会人(ブラピ似)と付き合っていてファンとして安心です。

■今年のセレブ体験ベスト3

parisu-small.jpg
実はかなりの日本通!?

1位 パリス・ヒルトンにドタキャンされた

 約束をすっぽかされ……パリスは勝手にリムジンをチャーターして東急ハンズに買い物に行ってしまったそうです。とにかく日本通だということが分かりました。セレブに振り回される快感を得られた体験でした。

2位 ディータ・フォン・ティーズのショーを鑑賞

 コアントロー(お酒)のプロモーションで来日。すごいくびれと肌の白さに釘付けでした。年上の女性があれだけ美を保っているのは何かと励みになります。

3位 オノ・ヨーコのサイン会

 幻冬舎から『今あなたに知ってもらいたいこと』を出版したオノ・ヨーコ。全身黒尽くめのファッションでカリスマ性を放っていました。女性に向けたメッセージが書かれた本ですが、サイン会に並んでいるのは意外にも男性が多く、Mっぽい人々のように見えました。

■今年のベスト芸能人ニュース

海老蔵&小林麻央が真剣交際

 遊び人の男性が結局選ぶのは彼女のようなタイプということで、女として勉強になりました
『NEWS ZERO』(日本テレビ系)を妄想しながら観る楽しみができました。

■2009年に逝ってしまった方にまつわるマイエピソード

 たしか去年YUIのコンサートを観に行った時、近くに座っていらっしゃったのが川村カオリさんでした。夫と一緒に、静かに座っていました。最初、土屋アンナさんかと見間違えていました。

foursprings.jpg
濱田 龍臣公式HPより

■2010年にブレイクしそうな芸能人

濱田龍臣

 2010年の大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少時代を演じる、顔立ちが今風に整った少年。            

■来年の活動予定
 2月頃、ぶんか社から漫画の単行本を出す予定です。また、以前サイゾーで連載していた『女修行』が1月に講談社文庫から出る予定です。何卒よろしくおねがいいたします。                          

辛酸なめ子 (しんさん・なめこ)
1974年生まれ。東京生まれ埼玉育ち。漫画家・エッセイスト。セレブ、スピリチュアル、女磨きなどをテーマに独自のセンスで作品を発表。主な著書に『女修行』(インフォバーン)、『女の人生すごろく』(マガジンハウス)、『開運修行』(講談社)など多数。

『サイゾー』2010年 01月号

なめ子先生のおかげで年を越せます。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 辛酸なめ子に世界一の美女・森理世が、”選ばれる女”へのテクを伝授
【関連記事】 B級の小ネタ勝負!? 今年最も話題を振りまいたセレブランキングを発表
【関連記事】 マライア・キャリー、付き人の数とワガママが多すぎて反感を買う

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク