[ドラマだからって大概にしなさいよ!]

元カノの大胆告白に完敗! それでも”月キュン”を支えた小栗旬

tokyo-dog02.jpg
ジャニーズでもないのに、イラストタッチの『東京DOGS』
のHP

 あ~、やっと終わった『東京DOGS』(フジテレビ系)。正直、スタート前はそれなりに期待してました。人気のとらえ方は個人差もあるでしょうが、小栗旬は演技力では若手役者で筆頭だと思うし、『MR.BRAIN』(TBS系)のぶりっこ演技は「キム様の影武者に徹する魅力出し惜しみ役」と贔屓目にスルーすれば、『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)の水嶋ヒロは、王子様然としたルックスが完璧執事にジャストフィットのハマリ役で、09年随一のイケメン俳優と自信満々に断言できました。それを思えば、絶望的不作続きの”月9″も、さすがに盛り返すんじゃないかと多少は期待したんです。

 ところが蓋を開けてみれば、誰もが第一声で漏らす感想はおそらく、「寒……」。白目を剥き、スベリギャグを連発(「そこんとこよろずや」とか)する水嶋以外にも、ツッコミ待ち箇所が目立ち過ぎるのです。なので、最終回を中心に、いくつかその例を箇条書きにさせていただきます!

・小栗が帰国するラストの空港シーン、スーツケースをちょいと盗もうとしただけのコソドロ相手にバカスカ発砲。相手は丸腰だよ? 『天才!バカボン』のおまわりさんか!

・というか小栗、全編に渡って撃ち過ぎ。いくらアメリカ帰りだからって、ココは日本! マフィアを仕留めるために潜ったコンサートホールでも、一般市民の大量の命が犠牲になるのもお構いなしでバンバン発砲するって、もはやどっちが犯罪者?

・操作機密を部下の彼女(臼田あさ美)にしゃべるわ、その彼女が事件のキーパーソンでもある吉高由里子に伝えるわ、暴走族の下っ端にもペラペラしゃべって、ついにソイツを捜査に稼働……。口軽警察!

・スタート前、散々「月9ではなく月キュン」なんて出演者に言わせておいて、最後まで小栗と吉高のチューなどは見せず、「決めるならココしかない」と思われるお別れシーンでも、小栗が吉高を背負い投げするまさかのオチ。「月キュン」とかサムイこと言うんだったら「イケメンのチューさえ見れれば満足」する層くらい味方につけないでどうする。

・吉高とかつての恋人・仲村トオルの思い出の待ち合わせ場所はイブの24時に点灯するクリスマスツリー。普通に考えてこんな絶好のデートスポット、カップルでごった返してるだろうに、人っ子ひとりいない、という怪。

・仲村トオル、クリスマスイブ、大事な人が殺される現場を目撃して記憶喪失、思い出そうとした肝心なところで気絶……。まるで11年前の『眠れる森』(フジテレビ系)を見たかのような既視感(と思ったらプロデューサーは『眠れる森』の演出補)

・その仲村トオル、世界的マフィアの大物として引っ張ったわりに、若造2人にびっくりするほどあっさり敗北して後ろ手に手錠。ラスボス、弱ぇぇぇ!

・だいたい最終話のゲストがハムの人(別所哲也)って、ショボすぎねえ?

 ……キリがないのでこのへんにしておきますが、もちろん褒めどころもあったんです。足長の長身イケメンが手足をぶん回すだけでも、ちびっ子ぞろいのジャニーズには実現不可能な眼福感。尻すぼみの視聴率だって、平均15%超えの結果は09年の月9としてはこれでもトップ。『ヴォイス』や『婚カツ』の悪夢のような迷走ぶりや、ケータイ小説も真っ青だった『イノセント・ラブ』のトンデモ度に比べれば、最後まで視聴完走できただけでも随分マシなのです。

 そして、なぜ完走できたのかと思えば、それはひとえに小栗旬の演技力に支えられたからに他ならないわけで、この内容でも持ち堪えられる”地肩の強さ”には改めて感心してしまいます。もしこれが『婚カツ』の主役俳優だったら恐ろしい……。まあ、このことは同時に、水嶋ヒロとの実力差を見せつけるという残酷な現実も照らし出す結果になったわけですけど。

 とはいえ、せっかく三浦友和が出てるんだから、「黒幕は三浦友和でした!」というくらい、潔く『流星の絆』パロディでもブチかましてくれれば、奇跡の展開として語り継がれることも可能だったかもしれないのに、深読みしたら、しただけ損だったこの徒労感は、やっぱりやるせない。

 ちなみにこの時間帯、もっとも視聴率を稼いだのは『SMAP×SMAP』を死の淵に絶賛追い込み中の『しゃべくり007』。マツコ・デラックスはぶつかり稽古するわ、ロンブー淳は1回だけヤッた女の数を言わされるわ、矢口真里は裏でサムイ脚本に苦戦する元カレと「別れたくなかったから芸能界を辞めようと思った」なんて告白するわ……。そりゃ断然こっちを見るわな。月9視聴率回復の荒療治には、イケメンよりもマツコ起用が案外手っ取り早いんでない?
(ぽんた2号)

『アタシがマツコ・デラックス!』

「フジテレビはさ~アタシを使う度胸あるわけぇ~?」とか言いそう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「『TAJOMARU』はヒットしなくてもいい」 小栗旬の精神状態がヤバイ!?
【関連記事】 山田優の卒業特集! 「彼の前だけの私がいます」と結婚に前向き?
【関連記事】 女選びさえ間違わない、水嶋ヒロの抜け目のなさ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー