業界でも話題に!

映画よりも官能的! 『愛を読むひと』DVDの無修正映像とは……

TheReader01.jpg
(C)2008 TWCGF Film Services II, LLC. All rights reserved.

 昨年のアカデミー賞で、6度目のノミネートにして初のオスカーを手に入れたケイト・ウィンスレット。彼女が最優秀女優賞を手にした作品が『愛を読むひと』だ。1月8日に発売される『愛を読むひと』のDVDオリジナル映像が、業界内で話題になっているという。

 映画は、1958年のドイツが舞台。15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)はある日、外出中に気分が悪くなり、助けてくれた21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に想いを寄せるようになる。彼女のアパートを訪ねたマイケルは彼女と結ばれ、逢瀬の前後にマイケルは彼女のために本を朗読し、愛を育てる日々を送っていた。だが、ハンナがある日突然姿を消し、マイケルは途方にくれる。数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、見学に訪れた先の裁判所で、戦時中の罪を問われるハンナを目の当たりにする。

 話題になっているのは、映画前半、マイケルとハンナが愛し合うシーン。この映画には、何度もセックスシーンが登場するが、DVDでは映画では削除された無修正部分が含まれているという。

TheReader02.jpg

 以前、マイケル役を演じたデヴィッド・クロスがインタビューで、劇中に何度も登場するセックスシーンについて、

「この映画は純粋なラブストーリーなんだ。(略)マイケルはとてもハンナを愛している。だから小説でもセックスは物語の要になっているし、それによって、愛の形が変化していく様子もわかる。セックスシーンが物語を語っているんだ。情事の終盤で、マイケルが1度だけ主導権を握る場面がある。彼の心の変化を表すうえでも、とても大切な描写だったと思う」

 と答えており、純粋な愛を表現するための体当たりな演技だったことが伺える。

 実際に、事前に入手した完全無修正版を見たところ、たしかにとあるセックスシーンで、マイケルの”生まれたままの姿”が映し出されていた。ただ、卑猥というよりも、官能的なシーンが追加されることで、前半の甘い愛の日々が強調され、後半の悲劇に対し効果的な印象を与えている。

 奇しくも、この映画を最後に、ヌード封印を公言しているケイト。『愛を読むひと』の作品の真髄に迫りたい人は、DVD<完全無修正版>の観賞をオススメします。

愛を読むひと公式HP
DVD公式HP
ブルーレイ公式HP

【関連記事】 ケイト・ウィンスレット「映画ではもうヌードにならない」宣言!
【関連記事】 結婚を迫られ、逃げた!? レオナルド・ディカプリオが恋人と破局
【関連記事】 レオナルド・ディカプリオの新恋人は、あのブロンド女優?!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー