[ジャニーズ・メディアの裏側]

「原作の世界観が……」亀梨和也の新ドラマに早くも批判の声続出

kamenashikazuya06.jpg
亀ちゃん、この髪形じゃモテないよ!

 2010年1月15日より放送が決定したKAT-TUN亀梨和也主演の連続ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系、金曜22時~)。これまで日本テレビ系、フジテレビ系のドラマで次々と大コケし「低視聴率王子」と揶揄される亀梨が、NEWS手越祐也、Jr.の内博貴、バレエダンサー宮尾俊太郎らイケメンのパワーを借りてどこまで奮闘できるか……に注目が集まっているが(既報)そんな中、放送前にも関わらず視聴者の主軸ともいえる若い女性から批判が噴出。早くも暗雲が立ちこめている。


 このドラマの原作となるのは「別冊フレンド」(講談社)で連載中の同名マンガ。06年にはアニメ化もされ、単行本が24巻(現在も連載中)まで発売されるなど、中高生を中心に人気を集めている作品、なのだが……。

「原作が大好きだっただけに、この配役は本当にショック。恭平が亀梨ってあり得ない。せめてやるとしても清春とかならイメージだけど……」(原作ファンの高校生)

 そもそもこのマンガ、キャッチコピーは「暴走ビジュアル漫画」。作者のはやかわともこ氏も、いわゆる”ビジュアル系”が大好きで、出てくる男子はすべてそれっぽく描かれている。この世界観を愛するファンたちにとって、いくらイケメンとはいえ「ジャニーズ系男子」は相容れない存在のようだ。

 また、マンガでは中原スナコが主人公であるにも関わらず、脇役の高野恭平をムリヤリ主人公に据えたことに対しても不満が爆発。07年に放送された赤西仁主演の『有閑倶楽部』(日本テレビ系)でも、原作では完全に脇役の”松竹梅魅録”がムリヤリ主役に据えられる……というパターンが用いられていたが、ジャニーズタレントのこうした「原作レイプ」に対して、「ジャニーズを主役にすればいいってもんじゃない!」「原作の世界観を損なうだけ」「それにOKを出す作者も許せない」などと批判の声が高まっているのも事実だ。

 「TBSは、松本潤、小栗旬らが出演して大ヒットした『花より男子』の二番煎じを狙っているようですが、そううまくいくかどうか……。亀梨のこれまでの演技は、どちらかといえばキムタクよりの”ナチュラルさ”を前面に押し出したもの。原作のコミカルな世界にどこまでついて行けるか、ある意味注目ですね」(週刊誌記者)

 自身のラジオ『亀梨和也のKス バイ Kス』(ニッポン放送)では今回のドラマについて、

「高野恭平はすごくモテる男。(俺は)モテないからすごく困った。でも、男にも女にもモテモテって役なんで、ちゃーんとお手入れして、がんばっていきたいなと思います」

 と抱負を語った亀梨。お手入れの結果も含めて(?)要チェックです!!

KAT-TUN 2010.4-2011.3 オフィシャルカレンダー

そんな亀と毎日一緒にいたい♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 亀梨和也、俳優として実績が残せず「野球タレント」に転身!?
【関連記事】 千秋楽前日に手越祐也がクラブ遊び! 合コン参加の情報も!?
【関連記事】 さすが熟女キラー! 亀梨和也にデヴィ夫人がメロメロ釘付け

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク