[連載]だから企業に聞いてみた

コンビニで立ち読みできない…… 雑誌を紐でくくる基準は何ですか?

magazine.jpg
そして今日も立ち読みできず……

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 もう12月。こんな寒い時期は、移動中に時間がちょっと空くと、公園でのんびりするわけにもいかず、活字欲が湧いてきて、よくコンビニで立ち読みをする。そして、コンビニ入って、20%くらいの確率でこんな目に遭う。

「雑誌がすべて紐でくくられている」

 立ち読み目的で入ったので、もはや店内に全く用事はない。「コーヒーでも買おうかな」と嘘の表情で店内を一周し、そっと立ち去る。そんな経験はないだろうか? ないか。私は、ある。

 そもそも、同じチェーンのコンビニでも、「立ち読みOK派」と「紐でくくっている派」に分かれている。”あそこはセブンイレブンだから、立ち読みOKだろう”という推測ができないので、やっかいである。セブイレブンの中でも派閥があるのだ。そこで今回のギモンは「雑誌を紐でくくる基準」について。私が愛用しているam/pmに聞いてみよう。am/pm安心センターお客様窓口に直接聞いてみた。

「雑誌を紐でくくってある店舗と、普通に読める店舗があるんですが、なぜ店によって違うんですか?」

担当者 あのー、店舗独自で決めてると思うんですけどもー、am/pmでは特にそういった指導はしてないんですね。

 なるほど。店長判断ということか。だから店舗によって違うのか。もうちょっと突っ込んで聞いてみよう。

――立ち読みというのは、やはり迷惑なんでしょうか?

担当者 はい。その店舗では、そう考えているということですね。
――雑誌の内容を軽く確認してから購入したいと思っているお客さんも多いと思うのですが、雑誌が汚れるからでしょうか?

担当者 そうですね、おそらくそういう弊害も合わせて、そういう風に判断してるんだと思います。店舗は。

 それは、店舗側だけのメリットである。お客さんの事は全く考えてくれないのか……。雑誌の中身を、隙間から確認する切なさを考慮してほしいものである。ここで、最後のギモンが。

――紐でくくっている雑誌の中身を確認したいときには、その店舗の従業員に言えば外してもらえるのですか?

担当者 そうですね、お店の方にご相談いただければ。

――そうしたら従業員が紐をほどいてくれるのですか?

担当者 そうですねー。

――紐をほどいてもらって、購入しなかったら申し訳ないなという気持ちと、恥ずかしくて言いにくいのですが。

担当者 やはり、紐をくくるというのは事故が多いお店なんですよ、お客様の方で汚されたりしてしまうとか、そういう予防としまして責任者がやっているというのはありますので。

 最後の最後に本音が出た。「雑誌を紐でくくっているコンビニは事故が多い」。そんなことを知ったところで、こっちの不便は変わらない。いっそのこと「am/pm(紐なし)」みたいな注釈ありの看板をつけてもらえないだろうか。

 引き続き、皆さんの素朴なギモンを募集中です。どんなギモンでも構いません。ディープでインパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

くるくる結束器 ひもくるりん/ピンク

マジでこれ使えるんですわ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 永谷園の”アッコさん人形”、正しい使い方を教えてほしいのですが……
【関連記事】 デジカメって、何万画素まで増える予定なんですか?
【関連記事】 ハッピーターンの味のバラつきって、なんとかなりませんか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー