"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第3回】

「体を触る手が湿っていた」、週刊女性が暴く結婚詐欺女性の正体

shuujo1101.jpg
週刊女性11月17日号(主婦と生活社)

 下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第3回(10/29~11/2発売号より)

 ここ数カ月の芸能界薬物”夏の陣”は、のりピーの初公判で一気にクールダウン。代わりに登場したのが、疑惑の34歳女性だ。結婚詐欺、周囲の男性が次々怪死、睡眠導入剤、練炭、ブランド志向など、いかにも女性週刊誌&ワイドショーが好きそうなキーワードにマスコミもヒートアップ! 次なる獲物を見つけると、一気に襲い掛かる――恐ろしく切り替えが早い業界なんですね。そんな今週のランキングは――。

1位「結婚詐欺 連続不審死事件 騙されかけた男性が証言『妙になれなれしいデブだと思った』」(週刊女性11月17日号)
2位「故マイケル・ジャクソンさん プリンセス天功が初公開した”幻の遺品”46点と2人の約束!」(女性自身11月17日号)
3位「戸田恵梨香 関ジャニ~村上信五 背伸びして堂々交際写真」(女性セブン11月12日号)


 連日ワイドショーを騒がしているのが、結婚詐欺容疑ですでに逮捕されている34歳女性の存在だ。

 この女性は複数の男性から金を貢がせたり騙し取ったりして逮捕されたが、逮捕後、彼女の周りで6名もの男性が怪死を遂げているという新たな疑惑が浮上した。彼女の関与は? 金銭の流れは? 叶姉妹に憧れていたという彼女の私生活は? ブログでのセレブ生活の実態は? などと先走った妄想ぎみの報道が行われているが、新聞やテレビは彼女を匿名扱いで報じている。
 
 その実名と顔写真をばっちり掲載しちゃってるのが「週刊女性」と「女性自身」だ。大丈夫か? 

 新聞・テレビが匿名扱いをするには理由がある。新聞テレビの人権意識が女性週刊誌よりも勝っているからでは決してない。

 現在、女性が逮捕・起訴されたのは詐欺容疑だけだ。周囲に複数の不審死があるといって、その死に彼女が関与しているかは立件されていないし、再逮捕もされていない。警察が正式に発表して、お墨付きを与えない限り、新聞やテレビは匿名にする。万が一、警察が不審死への関与を立件できなかったら、この匿名女性に名誉毀損などで訴えられる可能性もあるからだ。人権団体などから非難される恐れもある。

 過去、ロス疑惑・三浦和義事件というよいお手本があった。疑惑の銃弾と題して、マスコミは連日のように渦中の三浦氏(故人)を追った。私生活や過去も暴露しまくった。その後三浦氏は自分のことを書いたマスコミを片っ端から提訴した。その多くは三浦氏の勝利で終わった。

 その後、和歌山カレー事件なども起こり、メディアスクラムという言葉も生まれた。でもマスコミって”ビッグネタ”を前にすると、過去の教訓なんか吹っ飛んじゃうんだろうな。

 そんな中、「妙になれなれしいデブだと思った」とタイトルをつけてしまう『週女』はある意味すごい。しかも、記事を読む限りこの男性は別に「騙されかけた」わけじゃぁない。一度だけ、しかも逆ナンのように新宿歌舞伎町で酒席を共にしただけだ。

 「(カウンターで)僕の身体を触りまくるんですが、その手がとても湿っていた」というコメントは妙にナマナマしかったけど。大衆の興味、欲情を忠実に反映する女性週刊誌の真髄を見せられた一本でした。
 
 2位「女性自身」もこの34歳女性を実名で取り上げていますが、そのトーンは抑え目です。代わって目を引くのがマイケル・ジャクソンとプリンセス天功という奇天烈な組み合わせ。やるなぁ。

 なんでも11月にニューヨークでマイケルの”思い出の品オークション”が行われるのだが、そのスポンサーをしている天功さんが、出品予定のうち46点を日本で公開するという。マイケルと天功さんは、2人がまだそれほど有名じゃない昔々、中東やアフリカでの公演で一緒になることがよくあった。「頑張ろう」と励ましあった仲だった。ある時、天功さんが北朝鮮の金正日総書記に呼ばれ、マイケルは当時の韓国大統領・金大中からお声がかかった。本気で親密に相談し、板門店の南北境界線でコンサートをしようと計画した。計画は頓挫した。

 そんな天功さんがマイケル思い出の品を公開する。目玉は、83年に初めてムーン・ウォークを披露したライブではめていた白のグローブ、最低落札予想額380~570万円なり。複雑怪奇? 嘘かまことか? イリュージョンな物語でした。

 3位、昨年に「女性セブン」がスクープした戸田恵梨香と村上信五熱愛のその後のお話です。都心の居酒屋デートの模様を実況中継したもので、居酒屋でいちゃいちゃした2人が、お散歩しながら戸田のマンションまで入っていく様子がレポートされている。

 でもこの2人、10月からお互いに別々だが連ドラに出演している。村上クンは「セブン」の取材に堂々と交際について語っている。「セブン」はジャニーズとは仲良し媒体だ。それでもって戸田の所属事務所はフラームだ。

 フラームは、かつて看板女優・広末涼子をめぐって、バーニングと熾烈な戦いをしたといわれている。その後、フラームはバーニングの配下に下った。「セブン」の女性発行人はバーニング系列会社社長の妻である。三つ巴の関係が反映された、しょーうもない舞台裏でした。 

【関連記事】 実用よりも脳! 茂木健一郎センセイ提唱の「脳によい料理」とは……
【関連記事】 皇室ネタから見えてくる、「女性自身」の本気度
【関連記事】 40代の女の幸せはジャニーズと別居婚!? 「STORY」の進歩的世界観

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー