[連載]海外ドラマの向こうガワ

“ヒーロー”を探し求める米国人を充足させた『HEROES』の世界観

“ヒーロー”を探し求める米国人を充足させた『HEROES』の世界観

――海外生活20年以上、見てきたドラマは数知れず。そんな本物の海外ドラマジャンキーが新旧さまざまな作品のディティールから文化論をひきずり出す!  アメリカ人ほど「ヒーロー好き」な国民はいない。弱きを助け強きを挫く、正義のために自らの危険を冒してまでも戦う。ヒーローは理想的なアメリカ人像であり、アメリカという国そのものを象徴するものだ、と考えているのである。  彼らの「ヒーロー好き」を培っているのは、『スーパーマン』『バットマン』『ワンダーウーマン』をこの世に送り出したDCコミックや、『スパイダーマン』『アイアンマン』の生みの親であるマーベル・コミックが流行させたアメリカン・コミックだという説がある。これらの作品は、テレビ、映画化されるに留まらず、実写版も繰り返し制作。時代を代表する役者たちが「悪に立ち向かう孤独なヒーロー」を熱演し爆発的なヒットとなっている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“ヒーロー”を探し求める米国人を充足させた『HEROES』の世界観のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外ドラマの向こうガワのニュースならサイゾーウーマンへ!