[TVツッコミ道場]

月9『東京DOGS』、寒すぎるコメディ色に、「月キュン」のはずが……

tokyodogs.jpg
『東京DOGS』公式HP

 今回ツッコませていただくのは、10月19日にスタートした月9ドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系)。

 小栗旬、水嶋ヒロの共演が話題となり、初回視聴率は18.7%とまずまずのスタートだったが、ネット上では、全体を覆うコメディ色の強さに「ついていけない」「寒い」「ガッカリ」などの声が大部分を占めていた。

 シリアスな場面で、ムリヤリ笑いをとろうとする演出・脚本は、今のところ確かに違和感がある。

 特に、ペラペラよく喋る暴走族あがりの役の水嶋ヒロと、「NY市警からきた、融通のきかないカタブツ」役の小栗旬とは、「逆のほうが良かったのでは?」という指摘も多い。

 ところで、こうしたコメディ的演出に「あれ? これ、どこかで見た?……」という既視感を覚えた人もいるのではないだろうか。

 それは、10月12日に放送された『笑っていいとも! 秋の祭典スターの運勢占うぞSP』内で、各番組チームが競い合った「気まずい瞬間」の再現VTR。

 吉高由里子の回答を東京DOGSチームの面々が演じたのだが、家族団らんのとき、テレビのちょっとHなシーン……チャンネルをかえてもかえても、出てくるのはやっぱりエロシーンで、そのたびに娘・吉高と家族――父・小栗、グラマーな髭の母・水嶋、弟・勝地涼が慌てふためくコミカルな演技には、「100人中100人が共感」という高評価。

 これは、いいともスペシャルで見られた「天海祐希のゴリラのモノマネ」とともに、ネット上で絶賛されていたのだった。

 それだけに、「これまでにないコミカルな演技が見られるかも?」と期待されたが、残念ながら、今のところ気になってしまうのは「再現VTRそのままの大げさなコメディ臭」。

 そして、つい「三浦友和、東幹久などの警視庁パートをメインにしたほうが、見ごたえある刑事ドラマになったのでは? ついでに船越英一郎 でもいれば……」とか「主人公のお父さんを殺した犯人は、きっと三浦友和だ(※『流星の絆』(TBS系)イメージ)」などといった余計な妄想ばかりしてしまう。

 さらに余計な心配をしてしまうのが、とにかくペラペラよく喋る設定の水嶋ヒロのこと。

 渋くイイ声で、クールな役を演じることが多い一方で、最近はバラエティ番組で天然キャラを多く見せている彼だが、このドラマの中で、「背負い水(人が生まれたときに、自分の一生の間に使う分の水を背負って生まれてくること)」ならぬ、一生分のお喋り「背負いトーク」を使い果たしてしまわないだろうか。

 「月キュン」とうたっている月9が、今のところかなり「月ハラ(ハラハラ)」です。
(田幸和歌子)

『陰の男たち』

幹久にもっと光を!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「uno」イケメン4人衆、トークの主役は誰?
【関連記事】 木村拓哉が水嶋ヒロに贈った”新婚向け”誕生日プレゼントは …
【関連記事】 “バーター”で月9主演の中居正広、共演者ともビミョーな距離感 …



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

月9『東京DOGS』、寒すぎるコメディ色に、「月キュン」のはずが……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場吉高由里子小栗旬東京DOGS水嶋ヒロのニュースならサイゾーウーマンへ!